人生の悩み

【人生相談】いじめがトラウマで男性不信、私は結婚に向いてない?

まえがき

パウラちゃんねるのサイトに寄せられた人生相談にお答えいたします。

本題

投稿者プロフィール

【ハンドルネーム】ひよ子 さん
【性別】女性
【年齢層】20代アラサー
【お仕事】会社員

相談内容「私は結婚に向いてないんでしょうか?」

パウラちゃんはじめまして!
私はアラサーの会社員女です。

私は小中学校の時に太っていることが原因でいじめられていました。
ダイエットして標準体重くらいになったのですが、いじめがトラウマになってしまい、未だに人への警戒心が強く、なかなか人と打ち解けられません。
自分が嫌われないにはどうすればいいかということばかり考えながら生きてきました。

男性とお付き合いしても本音で話すことが出来ず、もしかすると私といても楽しくないし幸せだとも感じてないんじゃないかと思ってしまって結局別れてしまったり、好きになってアプローチしてても嫌われたかも、迷惑に思ってるかもと思って途中で諦めてしまったり、告白されても罰ゲームなんじゃないかと怖くなってしまい気になっている相手でも断っていました。
世の中が皆いじめてたような人ばかりではないということは理解しているのですが、人と深い関係になるのが怖いです。

結婚願望はあるのですが、今のままだと結婚どころか恋愛もできる気がしません。
結婚と恋愛は違うといいますが、私は結婚に向いてないんでしょうか?

何かいいアドバイスあればよろしくお願いします。

パウラの回答

もしもひよ子お姉様と同じ思いをした男性がいたとしたら?

ひよ子お姉様の一番のお悩みは、
過去のいじめなどの経験から異性を信用しきることができないことで、
特に自分が信じた男性に裏切られて傷つけられることを恐れているところでしょうか?

そしてどのようにすれば、結婚相手として男性を信じることができるのか、
またひよ子お姉様自身も、結婚するにふさわしい人間になるにはどうすればよいのか、
そんな感じのことをアドバイスしてほしいのだと思います。

まずここで視点を変えて考えてみてほしいのですが、
もしひよ子お姉様と同じように、いじめを受けて異性がトラウマになってしまった男性が目の前に現れたとして
こうした男性はひよ子お姉様にとって信用に値する人になるでしょうか?
残念ながら、ひよ子お姉様と同じ境遇で、異性からのいじめを経験された男性だからと言って信用できるかといえば、そうではありません。
自分と同じような経験をしたというのは共感をもたらすので、同じ境遇の仲間として信用にはなりますが、
しかしいじめを受けた人間の中には、残念なことに相手かまわず他人を攻撃するような人間になってしまう場合もあるので、
残念ながら同じ境遇というだけで、結婚相手として信用に値するとは限らないわけです。

またこれは男性にとっても同じで、例えひよ子お姉様が男性にいじめを受けた経験があっても、
それでひよ子お姉様が結婚相手として信用に値するかといえば違うわけですね。

結局何が言いたいのかといいますと、
もし信用できる男性と結婚したいのであれば、ひよ子お姉様は信用に値する男性を見極めるのと同時に、
ひよ子お姉様自身も、男性から信用に値する人間になる必要があるという事ですね。

無財の七施を心がけよう

それではパウラが、もしひよ子お姉様の立場であったとしたらどう行動するかですが、
まずは自分自身が「無財の七施」を心がける人になり、そして同じく無財の七施を施せる人たちとの関係を築くと思います。

無財の七施というのは、お金がなくても自分の体一つで他人に与えられる七つの施しのことです。
詳しく説明すると動画が長くなりすぎるので、それぞれ短い言葉でパウラなりに要約すると
暖かい眼差し、にこやかな笑顔、やさしい言葉、人助けする、気配りする、席を譲る、人をもてなす
こうした、お金がなくても自分の心と体でできる七つの施しを「無財の七施」と言うんですね。
実際、動画を見てくれるお兄様たちも、いつもパウラのにこやかな笑顔に癒されていますよね。

無財の七施の良いところは、それができるか否かは自分の境遇や環境に左右されるものではないため、
その人の人間性や性根がよく現れるところです。
お金でできる施しは、お金がない人にはできません。
しかし、無財の七施はお金があってもできない人にはできません。
なぜなら人間性に根差した施しだからですね。

もしひよ子お姉様自身が、自分に何か足りないものがあると感じているのでしたら、
おそらくそれは、自分が何を他人に施せるかわかっていないからなのでしょう。
だからこそ、お金も物も必要としない、自分の人間性だけで与えられる、無財の七施が一つの道しるべとなるのではないでしょうか?
「私といても楽しくないし幸せだとも感じてないんじゃないか」とのことですが、
無財の七施ができている人といて、不幸せになる人なんかいるでしょうか?

結婚願望があるという事は、言い換えれば男性のことを信頼したい、男性の中から自分が信頼に値する人を探したいという気持ちがあるという事だと思います。
結婚というのは他人との共同生活です。
そして本当に相手が信用に値するかわかるのは、順風満帆なときではなく、苦境にある時です。
苦しい時ほどお互いに協力し合う、施しあえる関係でなければ、共同生活は成り立ちません。

結婚生活においては、もしかしたら何らかの事情でお金が無くなり、生活が苦しい時期もあるかもしれません。
そんな時、お互いに無財の七施で施しあえる関係の方が良いか、そうでない関係の方がいいか。
もう考えるまでもないですよね?

類は友を呼ぶといいますが、ひよ子お姉様がご自身がこの「無財の七施」を自然と心がけていれば、
自然と、無財の七施ができる人たちがひよ子お姉様の周りに集まると思います。
お姉様は20代のアラサーですから、結婚相手を求める前準備として、
まず無財の七施の上に成り立つ関係を周囲と築くことをお勧めします。

過去の苦しみを手放すために、筋トレをしてみよう

あとこれはおせっかいを承知で、もう一つアドバイスさせていただきます。

ひよ子お姉様は、大人になった今もなお、子供の頃のいじめの経験を忘れられず、
おそらく今もその過去の苦しみの中に生きているのではないでしょうか?
それでしたら、ぜひその苦しみを手放してほしいと思います。
とはいえ、ただそう言ったところで手放せるものではありませんから、
苦しみを手放すための方法をアドバイスさせてください。

苦しみを手放すため、筋トレを始めてください。
筋トレをすると、ある段階で、昔の経験でくよくよ悩んでいるのが馬鹿らしくなるというステージに入ることができます。
筋トレによって心の状態が改善することは科学的にも証明されていますから、ぜひ筋トレをしてください。
これは無財の七施にも関係しますが、筋トレをすると自然と顔付きもメンタルも変わってくるので、
筋トレすることで、自然と無財の七施ができるような、さわやかな心と体が身につくと思います。

一応オススメ書籍として「超筋トレが最強のソリューションである」をご紹介します。

こちらには色々な境遇でメンタルがボロボロになった女性が、
筋トレで立ち直ったエピソードが漫画で紹介されたりしているので、
ひよ子お姉様にとっても参考になると思います。
概要欄にアマゾンのリンクを掲載しておきますね。

これでアドバイスになったかは分かりませんが、
ひよ子お姉様が愛のある幸せな結婚をされることを心から願っています。

POSTED COMMENT

  1. アバター 匿名 より:

    この国はいじめた人間を保護することはあってもいじめられた人間のフォローは一切ないから結局自分で克服するしかないという糞みたいな現状です
    普通の生活すらままならないようになっても甘えとか言われちゃうからね
    世の中には異常なほど自己愛が強く自己評価が高すぎる人がたくさんいるけどそいつらも結婚できないらしいから自己評価と結婚できるかどうかはあんまり関係ない気がする
    パウラちゃんの動画や似たような動画で男性蔑視してるア○リスアヤメって人がまさにそれだからいい反面教師になるだろう

  2. アバター ちえる より:

    誠に勝手ながら、思ったことを書かせて頂きます。
    恐らく、ひよ子さんは人と接する時の距離が分からなくなっているのだと思います。
    過去に自分のプライベートな領域を侵害され、傷つけられた経験から、近づかれてまた同じ思いをするくらいなら、離れていた方がいいと考えてしまっているのでしょう。
    しかし、人との距離の測り方、正しい距離の見極め方は努力で習得できる技術です。
    今からでも遅くないと思います。
    まずは家族などの身近な人から、次に友達、恋人と、段階を踏みながら人との距離を測り、適切な距離の感覚を掴むトレーニングをするといいと思います。
    コツは思っているよりも1歩だけ踏み出すことです。その1歩が踏み出せれば、もう1歩いけるかもしれない、という自信にも繋がると思います。
    もうそれ以上は入ってはいけない所まで来れば、相手の方からストップがかかると思います。そういった相手のサインにも気づけるようになれば、最後の1歩を踏み出しても受け入れてくれる、素敵な男性に出会えると思います。

  3. アバター 匿名 より:

    広告がお医者さんと結構できる婚活相談所でワロタ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。