リスナー体験談

【体験談】妻が専業主婦を辞めて働き始めた結果

投稿者プロフィール

【ハンドルネーム】空 さん
【性別】男性
【年齢層】45歳
【お仕事】会社員

夫婦世帯収入と稼ぎバランスと夫婦円満度について

初めは専業主婦の家庭だったが・・・。

現在、私は45歳です。
元々、私の家庭は、私だけがお金を稼いでいて、妻は専業主婦をしていたのですが、
紆余曲折の末に共働き夫婦となり、それによって円満な家庭になりました。

結婚した当時、私は33歳で同い年の女性と結婚しました。
当時、私の収入は年収500万円ほどありまして、妻が専業主婦を希望しました。
そこで私は、「専業主婦になるのであれば、私は家事は手伝わない」とハッキリと言い、
その条件で妻は専業主婦になり結婚しました。

そして結婚後、無事2人の子供にも恵まれ、私の年収も500万円から650万円まで上がり、マイホームや車なども購入しました。

専業主婦の妻が鬱病に!? 旦那は退職後、再就職で年収が激減

しかし今から3年前のこと、妻が鬱病を発症してしまったのです。

私は妻を看病するために、年収650万円の仕事を辞め、妻の看病に専念していました。
幸い、3カ月程度で妻の鬱病はおおむね収まったので、私は転職活動をしたのですが、
転職後の私の年収は、350万円まで落ちてしまったのです。

さすがに350万円程度の年収では、マイホームのローンを払ったり自動車を維持しながら、
専業主婦の妻と二人の子供を養うことはできません。

共働きを始めた夫婦

そこで私は妻にはっきり言いました。

「派遣でもいいから仕事をして欲しい」
「その代わり、俺も家事を手伝うから」

そう妻を説得して、妻は仕事をするようになりました。
しかし、妻は最初の6ヶ月程は、自分の収入を生活費に組込む事を拒否してきました。
そのせいで、ガスと電気がとまりました。
しかし私も譲歩はできないので、一週間ほど銭湯と蝋燭で生活しました。

私が譲歩しなかったため、妻は諦めてやっと自分の給料を生活費に回すようになりました。

共働きによって家庭が円満になりました!

ただ、さすがにスーパーのパートでは可哀想なので、
その後はパソコンスクールの通ってもらい、オフィスとCADを使えるようにしました。

妻は、できることが増えたおかげか、仕事にやりがいを感じるようになったようで、
家でも楽しそうに仕事の話をします。

共働きにより夫婦の仲が良くなったことを感じたのか、
二人の子供たちも前よりイキイキした顔になって、
私と妻の家事を手伝ってくれたりもするようになりました。
子供が小さいとき、家事と育児に専念してくれた妻には感謝してます。

現在、妻の年収は250万円、私の年収は350万円で、世帯年収としては合計600万円です。
二人とも今後収入が上がる可能性は低いですが、妻も欲しいものが自分の判断で買えるので、前より楽しそうです。
分譲マンションもミニバンもちゃんと維持して、二人の子供もすくすくと育っています。
都心部に住まなければ十分くらせます。

夫婦が協力しあう関係になったことで、お互いにやりがいを持つことができたのと同時に、
夫婦仲も以前より親密になり、子供もイキイキするようになりました。

共働きによって、お互いやりたいことできて、幸せな家庭になったと思います。

体験談や質問を募集しています

パウラちゃんねるでは、パウラの動画・記事などで取り上げる体験談を募集しています。
恋愛、婚活、男女のあれこれ、お悩み相談など、ジャンル問わずパウラに聞いてほしいお話やパウラちゃんねるで発信してほしい情報がありましたら、ご連絡お待ちしています。

体験談募集フォームはコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。