ネット記事など

「婚活女は高望みだ!!」バッシングされまくった女さんの末路がヤバいw

今回参照した記事

「婚活地獄」に陥る女性たち…なぜ本音を隠してまで“高望み”を止められないのか

記事の要点

婚活で苦戦する人の9割は、相手に求める条件が多すぎる。
「年収600万円以上、学歴は最低でもMARCH、身長170cm以上、誠実で優しくて、デートでリードしてくれる人。自家用車を持っていて、家事が得意」
といったもの。
こうした高望み女性へのバッシングが続いた結果、婚活女性は本音を言うのをやめてしまった。
しかしそれは、高望みをしなくなったわけではなく、遠回しな言葉を使うようになっただけ。

「婚活地獄」に陥る女性たち…なぜ本音を隠してまで“高望み”を止められないのか より

「私が男性に希望する条件は一つ」と言いながら・・・。

記事の方では、次のような「たった一つの条件」が紹介されています。

私が男性に希望する条件はたった一つ。
「経済的にも精神的にも成熟した、私を自由にさせてくれる人」です。
年収が高く、精神的に成熟しているがゆえに浮気もせず温厚。
自分のわがままな振る舞いなどは受け止めてくれた上で、そのわがままに付き合ってくれる人。
それを支援できる、経済的出費もいとわない男性です。

「婚活地獄」に陥る女性たち…なぜ本音を隠してまで“高望み”を止められないのか より

他にもいくつか事例が紹介されています。
詳しく知りたい場合は原文の方を参照ください。

動画で見たい場合はコチラ

パウラの感想

これって本当に結婚なの?

パウラが最初に感じたことは、
こうした条件で男性を探すのは、果たして本当に結婚なんだろうか?
という風に思ってしまいました。

パウラちゃんねるでは意識的にこの言葉を使うことを避けているのですが、
どちらかというと、結婚というよりはいわゆるパパ活に近い発想に聞こえるんですよね。

以前別の動画で、結婚相談所で働いているアドバイザーさんからお話を聞く機会があってそれを紹介したのですが、

今時の婚活女さんの結婚観は、男性への恋愛感情ではなく依存感情。
共同生活のパートナーとなる男性を探しているのではなく、
自分の人生をどうにか助けてくれる、父親代わりの男性を探している女性が多い。

とお話を聞いたことがあります。

今回この記事で取り上げられた女さんたちも、
パートナーを見つける結婚じゃなくて、
自分のわがままを聞いてくれる父親代わりの男性を求めているようにしか聞こえないと思いませんか?

高望みの原因は、思い込みと他力本願な考えのせい

こうした女さんが言うのが、決まって――、

女性は妊娠や出産、育児があって、働けなくなったり年収が下がるの!
だから、男性にある程度の年収を求めるのは当たり前!

とか言うんですが、これはエアプの思い込みです。

パウラのPの知人の中には共働きをしている夫婦がいるのですが、
その夫婦は夫も奥さんも必ずしも高収入とは言えない仕事に就きながら、
子供を3人も生んで育てたりしています。

そうした事例を自分で探したり人に聞いたりすれば、
いたずらに男性に高年収を求めることの間違いに気付けるんですが、
婚活女さんはそうした自分で自分の悩みを解決する発想がないばかりに、
男性に対して自分の悩みや不安を押し付けてしまうんですよね。

要するに、自分の漠然とした不安を自分で調べるなり解決するなりをするのではなく
他人に対して不安や悩みを解決してもらおうという他力本願な考えが、
無謀な高望みの原因になっているのではないでしょうか?

つまり、高望み婚活女さんというのは、

生まれ変わったらお金持ちの家に生まれたい!

とか、そんな妄想をする身体が大きい子供と一緒なんですよね。

POSTED COMMENT

  1. アバター ・・・ より:

    YouTubeは仕様上、同じような内容の動画をこれでもかと出すようになっています。こういう情報を見ると婚活する女の全てがこんな甘ったれたガキのように思えてしまいます。

    記事で採り上げられているような甘ったれた婚活女は女全体の何割くらい居るんでしょうか。1パーセントでも2パーセントでも減っていくことを願っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。