ネット記事など

「ワリカン許せない!!」婚約破棄した35歳女性の心情がヤバいw

今回参照した記事

ワリカンが許せず別れを選んだ35歳女性の心情

記事の要点

「先日婚約破棄をした」親戚の経営する会社で、経理事務をしている35歳の女性。
大手相談所で出会い婚約した男性がいた。
男性は私と同い年で、大手メーカーに勤める年収600万円。
お見合いからデート期間中は、お茶代も食事代も私の分はお支払いしてくれたのに、
成婚して相談所を退会したとたん、男性はデートの際に
「今回のランチ代、1人980円で消費税がかかるから、1000円もらってもいい?」
と、女性からお金を取るようになりました。
その後、指輪代や結婚式の費用など、お金の話になると、きっちり折半。
男としての器の小ささを感じてしまい、婚約を破棄。
女性には「男性が払って当たり前」という考え方が身に付いていた。
男性には“私を喜ばせたい”とか、“自分のほうが稼いでいるのだから、少し多く出してあげよう”とか、そういう思いはないの?
女性は、大切にされていないような気持ちになってしまった。

ワリカンが許せず別れを選んだ35歳女性の心情 より

※記事本文はかなり長くて、ここから結婚指輪などもろもろのいきさつが紹介されていますが、割愛させていただきます。
記事が読みたい場合は参照元のリンクからご覧ください。

動画で見たい場合はコチラ

パウラの感想

なぜ奢られる側の女性が、男性の「器の大きさ」を測るの?

「奢ってもらえると大切にされている気持ちになる」とか「ワリカンにする男は器が小さい」という言葉を聞くたびに、
つまり女性は男性に奢ろうとしないんだから、男性をハナッから大切にする気はないし、
女性は器が小さい生き物だと自白しているように聞こえて、
完全にブーメランが後頭部に突き刺さっているように見えるのですが、
そのことにはどうして気が付かないんでしょうね?

それからもう一つ感じることですが、
どうして奢られる立場にある女性が、お金を使う男性の人間性を議論しあうのかもちょっと分かりません。
お金を使う側である男性側の方で、

俺は男女平等のスタンスだから、デートでもきっちり割り勘にする!
俺は男らしくありたいから、デート代は基本的に奢るようにする!

と、デートでのお金の使い方のスタンスについて男性同士で語るのはまだ分かるのですが、
どうして奢られる側の女性側が――、

ワリカンにするような男はケチ!男らしくない!
奢ってくれる男性の方が男らしい! 割り勘にするようなケチ臭い男とかありえない!
何でもかんでも折半にするとか、男として器が小さい!

という感じで、奢ったりワリカンにする男性の人間性を評価をするのか、
正直いつも引っかかるんですよね。
奢ってくれる男性に靡くのはその人の勝手ではありますが、
だからって奢ってもらう立場にある女性が、
お金を使う男性の人間性にまで言及するような言い方をするのは違和感があります。

男はケチじゃない。女の方に奢られる魅力がなかっただけ

現代の男性は別にケチではなく、お金を使いたいと思えるような相手に対しては、お金を使うんです。

したがって、もし男性が奢らなかったとしたら――、
それは男性がお相手に奢りたいと思わせるような魅力を感じなかったにすぎないのです。

今回登場した婚活女さんは、男性の人間性にまで言及してしまっているので、
パウラもこの女さんの人間性にあえて言及させていただきますが、
結局この女さんは――、

ぜひ、貴方のためにお金を使わせてください!

と、感じさせるような魅力を持っていないだけなのではないでしょうか?
したがって、もし割り勘を要求されたとき、女さんが考えるべきなのは男性の人間性ではなく、

私はデートで男性にワリカンを要求された!
これはお金を使いたいと男性が思わないくらいに、私に魅力がないからだ!
男性がケチなんじゃない!
私に魅力がないばかりに、男性をケチ臭くさせてしまっているんだ!

と、このように考えるべきなんですね。
とりあえず女さんは、奢り問題なんかで男性の人間性や魅力を議論する暇があったら、
男性がぜひあなたにお金を使いたいと思わせることができるほどに、
自分の人間性や魅力を磨く努力をしたらいかがでしょうか?
あ、そんな風に考えることができたら、こんな低レベルなところで婚約破棄なんかしたりしませんね。
ご無理なことを言って申し訳ございませんでした。
謹んでお詫びいたします。

【参考動画】婚活男性が割り勘する理由3選

POSTED COMMENT

  1. アバター そうなる より:

    要は男性に養って貰いたいから、割り勘なんて結婚の代償には安すぎて受け入れられないって言うことでしょ。チヤホヤしてもらつて、世話焼かして一生旦那に甘えたい気持ちがミエミエなんで、結婚しなくて良かったですね。

  2. アバター ・・・ より:

    仮にパウラさんのおっしゃる「女さん」がパウラさんの考えを述べた文章を読むことがあったとしても「女さん」はその言いたいことを理解できないまま憤慨するでしょう。

    そんな気がしました。自分のデート代は出す、あるいは相手(男性)の費用も自分が出す回もあって良いはずですが、こういう話をすると一つ覚えのごとく「男の器が小さい」と言い出しそうですね、ハハッ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。