パウラの独断と偏見

男性の恋愛離れ急増!原因となった女性のウザいポイント3選【パウラの独断と偏見】

プロローグ

若い男性の恋愛離れが急増しているようですね。
それについて女性は

最近の男性は草食系が多いからねー
最近は恋愛以外の娯楽もたくさんあるから、仕方ないのかもねー
でも、そういうのって男らしくないよねー。
正直、頼りにならない男性が増えたよねー

と、このように思っているようですが、実際は違います。
本当は、女性と付き合うことで、
ウザい思いをするから嫌がっているだけなんです。

とりわけ、10代の頃にたいした恋愛をしていない女性ほど、
20代になって婚活をするようになると、
男性に「ウザい」と感じさせるような女さんになるかもしれません。

というのも、現代の日本女性は、
社会や親からさんざん甘やかされて育った結果、
特に苦労を感じることなく大人になってしまい、
男性にとってウザいだけの存在になってしまいました。
厳しい環境で育てられた女性もいるでしょうし、
逆に甘やかされて育った男性もいるでしょうが、
そうした人たちは少数派です。

まず結論から先に行ってしまうと、
男性が現代女性に対して感じるウザいポイントは、
「コミュ障、自己中、性格ブス」のこの3点です。

基本的に甘やかされて育っている女性が多いおかげで、
今や現代の日本人女性は、
「コミュ障、自己中、性格ブス」という3つのウザい特徴を備えてしまい、
男性は女性を煙たがってしまっています。

それではさっそく、若い男性の恋愛離れを急増させている原因である
現代の女さんのウザいポイント3つを掘り下げていきましょう。

この記事に関する動画はコチラ

本題

女性のウザいポイントその1 コミュ障である

女性のウザいポイントの1つ目は、女性は基本的にコミュ障ということです。

女性は基本的におしゃべりです。
にも拘わらず、なぜかコミュニケーション能力に問題があるのです。

女性は共感の生き物と言いますが、
これは、他人に共感できる力があるという意味ではなく、
他人に共感することを強要する生き物という意味です。
基本的には自分の感情を他人にぶつけまくって、
それに共感してくれる人と延々愚痴っているだけにすぎません。

女性はコミュニケーション能力を、イコール、口数の多さと考えているようですが、
基本的に女性の口数の多さは自分の感情を別の人間にぶつけているだけで
とてもコミュニケーションと言えるものではありません。

もちろん女性同士なら、みんな似たり寄ったりなので、
それで一応はコミュニケーションが成立しますが、
男性からしたら女性の感情剥き出しの言葉は、
基本的に共感できたものではありません。

男性は女性の愚痴とかにもしぶしぶ共感するフリをしていますが、
本心では、女性の幼稚な言動に辟易としているんですよ?

そしてこうした女性のコミュ障っぷりは、婚活の際にも顕著に表れます。
婚活パーティの場では、女性のコミュ障っぷりが炸裂します。

女性は基本的に、婚活パーティは2人で参加。
女性は基本的に完全な受身。
男性が話しかけると、一方的に質問攻め。
えり好みがひど過ぎて、タイプじゃない男性を威嚇する。
こんなんじゃ、男性がどれだけ頑張ったって
コミュニケーションが成立するはずないんです

とまぁ、こんな感じでとてもコミュニケーションが成立しない女性が多いのです。
もしそうした問題を男性の努力で乗り越え、
デートに漕ぎ着けることができたとしても、
結局何も変わりません。
何故なら、会話で盛り上げる役は基本的に男性側だからです。

女性は、そんなにコミュニケーション能力に自信があるなら、
デートの場をご自慢のコミュ力で盛り上げてくれればいいのに、
実際にはデートプランを考え、女性が楽しめる話題を頑張って考え、
デートの場を楽しく盛り上げるのは、いつも男性側の役目。
いったいコミュニケーションってなんなんだろう?

男性の多くはこんな感じの疑問をいだくのです。
もちろん自分から積極的に話す女性もいるにはいます。

しかしその場合も女性は自分の興味のある話題を話すだけで、
男性側がその話をどう思っているかを考えずにおしゃべりするだけのことが多く、
相手がどう感じているかなんてお構いなしです。

こうしたコミュ障っぷりにもかかわらず、
女性はデートで自分が嫌なことがあると
キレたり、不機嫌になったりするから始末に負えません。

日本の男性は、そんな日本人女性のコミュ障に辟易としているので、
女性と恋愛したいと考えなくなっているんですね。

女性のウザいポイントその2 自己中である

女性のウザいポイントの2つ目は、自己中であるという点です。

女性は、時と場合によって「男女平等」と「不平等」を自由自在に使い分けます。

家事を全部女性に押し付けるなんて女性差別だ。男女平等であるべき!
男のくせに女性を楽しませるトークもできないなんてダメだねー
男なんだからごはんぐらいおごるべき
私の気持ちに気づけないなんて、男って鈍感だよねー
男なんだから女性をリードして当然でしょ?

こういう、自分の都合で「男女平等」と「不平等」を使い分ける女性は、
そもそも差別や平等に関心があるのでしょうか?
結論から言えば、パウラはノーだと思います。

こういう女性は、ありていに言ってしまえばただの自己中なんですね
自分が得をするのであればなんでもよし
自分さえ良ければ、男性が損をこうむることなんてお構い無しなのです。

逆に、自分が損をするようなシチュエーションになれば、損をしたくないがために
「女性差別だ」とか「男女平等だ」とか、
そういう言葉を使って損を被らないようにしているだけなんです。

今では「女性差別だ」とか「男女平等だ」という言葉を使うだけで、
女性の主張が通ってしまうような状況がまかり通っているんですよね。
こういう自己中な女性とかかわってしまうと、
男性は大きな損をこうむってしまいます。

デートは基本的に毎回おごっています。
毎回毎回デートプランを一生懸命考えて、
女性を楽しませるトークを頑張って考えています。
正直、これだとまるでデートではなく、
お得意様のための接待みたいです。
しかも、女性がちょっとでも機嫌を損ねれば、
一方的に縁を切られ、それまでの努力を無駄にされてしまう。

まぁこんな感じでしょうが、なんせ自己中ですからね。
こうした自己中な女性とお付き合いするのがウザいので、
男性は女性と恋愛したいと思えなくなっているのです。

女性のウザいポイントその3 性格ブスである

女性のウザいポイントの3つ目は、性格ブスであるという点です。
自分が言われたら傷つくような言葉を、他人に対しては平気で口にする。
それが女という生き物なんですね。

アレは ないよね、普通に考えたら分かるのにー
あの子、ああ見えてホント頭の回転悪いんだよねー
あんな子のどこがいいの?可愛いの?アイツ、超 性格 悪いのに
あいつウザい。ていうかマジでキモイんですけど
そんなことも知らないの? こんなのもできないの?

こんな感じで、女性はとにかく他人の悪口ばかり口にしますよね。
男性が「女って怖いな」と思うところの代表格のようなものですが、
怖いっていうよりは性格がブスなんです。

性格ブスな女性は、自分の性格ブスを棚に上げて
他人を見下したり悪口を言ったりします。
その対象は基本的に男女関係なく向かいますし、
自分の友達に対しても向かうのです。

性格ブスな女性は、友だちの悪口を平気で口にしたり、
人の内面を見ず、見た目だけで判断します。
しかも、自分のことを棚に上げて他人を批評します。

そのうえ、なんでもかんでも否定するくせに、
自分の意見は正しいと思い込んで絶対に譲りません。

そして、「キモい」「ウザい」など、幼稚な中傷を平気でする。
そして、そうやって他人の悪口ばかり言う女性に限って、
「自分はいつも正しい」と思い込んでいます。

もし自分の意見や主張の誤りを指摘されれば、
その誤りを認めたり、反論するなどではなく、

そんなことを言うなんて酷い!
だいたい、こういうときには女性に気を配るのが男の役目でしょ!
だからアナタは男としてダメなのよ!

と、論旨をズラして人格攻撃を仕掛けてくるのです。
自分の事を棚に上げて、他人の悪口や見下すような発言をする性格ブスな人。
たとえ美人であっても、このように陰で女友達の悪口を言ったり、
男性のことを品評するような言動は、男女問わず敬遠されてしまいます。

こういう性格ブスな女性、あなたも心当たりがあるんじゃないですか?
こういう性格ブスな女性たちが増えているので、
男性は女性と恋愛したいと思えなくなっているんですよね。

POSTED COMMENT

  1. アバター 武将 より:

    前に勤めていた会社の社長は、こんな感じでした。本当に自己中で、言葉で傷つけられ、コミュニケーション能力とは自分の主張を相手に呑ませる能力だということを信じて疑わない人でした。
    結局、やめさせられたので雇用を守ったとは言いがたいですが、社員の生活を守らなければならないという責任感は感じておりました。良いことも悪いこともたくさん経験をさせていただきました。貴方のもとで働きたいかと言えばノーですが、私が貴方に向ける敬意はいまだに変わっておりません。

    本題に戻ります。
    面接官のような対応をされるのは結構です。
    男性は、いまだに家族を養う覚悟を持たされます。
    女性は、どんな覚悟を持っていますか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。