人生の悩み

【人生相談】専業主婦になるうえで今の時代に必要なスキルは?

まえがき

パウラちゃんねるのサイトに寄せられた人生相談にお答えいたします。

本題

投稿者プロフィール

【ハンドルネーム】バクさん
【性別】女性
【年齢層】アラサー
【お仕事】専業主婦(予定)

【相談内容】専業主婦になるにあたりご相談

パウラちゃん、こんにちは。いつも楽しく興味深く、動画を拝見しております。
私はアラサーの既婚女性です。

結婚後も事務として働いていたのですが、
ここ1年弱の間に相次ぐ肉親の死と妊娠による辛いつわり、
その後流産を経験し、心身のバランスを崩してしまい休職をしていたのですが、
勤怠の関係上これ以上の在籍は不可能であるとのことで、
このたび退職することとなりました。

幸いなことに、いわゆる愛のある結婚をさせていただいたと感じておりまして、
夫のことは大好きなのですが、以前よりパウラチャンネルを視聴していた身として、
また私個人の考えとしても専業主婦になることに不安があります。

まずは体と心の健康を取り戻すことを最優先しなければならないことは重々承知の上で、
パウラちゃんから専業主婦になるにあたりアドバイスなどありましたら
お聞かせいただけないでしょうかでしょうか?

体調不良に加え、今後妊娠を希望していることもあり、
すぐに再就職するというのは職場に迷惑をかけてしまう可能性が高いため
しばらくは専業主婦を続ける予定です。

私は夫のために、専業主婦として何がしてあげられるのでしょうか?

私が考えられる範囲として、炊事や掃除、洗濯など
基本的な家事のクオリティアップに加え、
まずFP3級の資格取得を目指し勉強を始めました。

テキストには人生を生きる上ですごく重要なことがたくさん書かれていて、
もっと早く勉強していればと後悔しているところです。

少々脱線してしまいますが、もしこちらの投稿を取り上げていただけるなら、
特に20代の方に勉強をおすすめしていただければと思います。

FPの勉強に一段落ついたら次は栄養学の勉強と、
妊娠出来たら保育士の資格取得を目指し勉強をしてみようかと考えています。

こちらは、実際には資格取得できなくとも、
子育てに向けて知識を蓄えることは無駄にはならないと考えております。

公的な手続きや給付金の申請などの細々した雑事も私の仕事であると認識しています。

また、夫の実家への連絡やご機嫌伺い、お彼岸等の行事や季節ごとのご挨拶等、
言葉が仰々しくなってしまい適切であるか自信がありませんが、
社交面も私の役目であると思っています。

あとはコロナによるリモートワークで外に出ることが少なく、
閉塞感のある世の中ですので、家の中で小さなイベントを開催したり、
寝る前に夫にマッサージをしたりでしょうか。

もし他に、専業主婦としてできそうなことがありましたら教えていただけると幸いです。

こちらの相談はパウラチャンネルの方向性から
ズレてしまうかなとも思ったのですが、
思い切って相談させていただきました。

長々と申し訳ございません。
取り上げられても取り上げられなくても、これからも応援しております。

パウラの回答

まずはバクお姉様、ご結婚おめでとうございます。
素敵なご家庭を作られるのを、電子の世界からお祈りしています。

あくまでもパウラの意見になりますので、あくまで判断材料の一つとして聞いて頂き、
お相手としっかり相談したうえでこれからのことを決めていただければと思います。

もちろん、今回パウラが示すのは道筋の一つですので、
自分の感性や相性、旦那さんと相談して決めるとよいでしょう。

現代における家事は「減らすもの」

まず基本的な家事のクオリティアップとのことなのですが、
パウラの本音を言わせてもらうと、正直これはあまりお勧めできません。
これは前からパウラの動画で語っている通りで、
現在はスマート家電や家事代行サービスなどもありますし、
昭和の時代のようにモノを溜め込む時代ではありません。

これは専業主婦の意義以前の話として、
20代など、今の若い世代の人たちが考えないといけないのは、
家事の手間そのものをいかに削減するかにあるというとこにあるのではないでしょうか?

ただし料理やご飯に限って言えば、食事は人生の楽しみの部分があると思うので、
家族を幸せにする生きがいの一つとして磨くのはアリだと思います。

専業主婦をする人にぜひ見につけてほしい「お金のスキル」3つ

そのうえで、バクお姉様にこれからの専業主婦として身につけてほしいスキルは、次の3つです。

1、正しい家計管理、正しい倹約を学ぶ。
2、家庭の副業として、ライティング関連のビジネスをやってみる。
3、簿記3級を勉強する。

一つ一つ説明します。

【お金のスキル1】正しい倹約

まず正しい家計管理、正しい倹約というのは、
生活満足度を維持、あるいは向上させながら生活費を削減する倹約方法です。

パウラのPの例ですが、家賃の減額交渉、ふるさと納税、無駄な保険の解約、通信代の削減などをして、
生活の質を向上させながら、月々数万円の支出の削減に成功しました。

逆に間違った倹約というのは、
例えば一円でも安い食材を買うために遠くのスーパーに行くとか、
電気代の節約のためにこまめに明かりやエアコンをつけたり消したりするとか、そういうのですね。

これは手間のわりに効果がない上になにかと苦痛を伴うので、
倹約の方法として間違っています。

これからお子さんを育てることも考えたら、
将来的な家計負担の増加を考える上でも、
まずは正しい家計管理、正しい倹約を学ぶことが、
夫や子供のためにできることだと思います。

【お金のスキル2】ライティングビジネス

その次にバクお姉様には、家庭の副業として
ライティング関連のビジネスを始めることをお勧めします。

具体的には、ブログビジネスやインスタグラムをしたり、
クラウドソーシング(ランサーズなど)でライティングのお仕事を受けたりするなどですね。

ご主人の給与所得を本業として家計の土台を支えつつ、
プラスアルファの家計の増加として、家の中でできるビジネスをするのがベターでしょう。

数あるビジネスの中からバクお姉様にライティング系のビジネスをオススメする理由は、

まずは家から出なくても文章なら書けるからなのと、
コストが0円で今日からでも始められるからです。

パウラのサイトに1000文字を超える文章の投稿ができるという事は、
バクお姉様はライティングができる環境と体力があることを示します。

その気があれば、今日からでも始められるでしょう。

またバクお姉様の投稿文を拝見する限り、人に伝わる文章が書ける女性だと思いましたから、
バクお姉様の能力を活かすという意味でも、ライティングはおすすめです。

これで得たお金で、ご主人に何か贈り物をしてもいいですし、
家事の負担を削減するための家事代行サービスやロボット家電を購入して、
家事の効率化を図ってもいいでしょう。

バクお姉様は、これから栄養学や保育士の勉強もしようとしているみたいですが、
自分で勉強するのではなく、別の方法として、
副業で稼いだお金で専門家のアドバイスを仰ぐのも手段の一つです。

【お金のスキル3】日商簿記3級の勉強

そして最後に日商簿記3級の勉強をしてください。

これはそもそも論のお話となりますが、
“お金とはなのか”を理解していない人が多いからです。

お金は一言で言うなら価値の交換券ですが、
この”価値の交換”が何を意味するのかを体系的に学べるのが簿記です。

簿記の知識もなく行う家計管理は、
野球で例えるなら点数の入り方を知らない監督のようなものです。

また、先ほどライティングビジネスを薦めましたが、
もしこれを事業所得のレベルで行うためには、仕訳帳、総勘定元帳といった帳簿付け、
確定申告のためには損益計算書や貸借対照表の作成も必要です。

また、10万円を超えるパソコン、スマホ、タブレットなどは
固定資産になるので、減価償却の対象です。
となると、やはり簿記3級の知識は必要になるわけですね。

20代の人に求められる家計管理の力

以上、パウラがバクお姉様におすすめする、
専業主婦として身に着けてほしいスキルでした。

今回パウラがお話したのは全てお金についてのお話ばかりでしたので、
もしかしたら「お金の話ばかりじゃん」と、抵抗感を持ったかもしれません。

しかしここで考えてほしいのですが、ほぼすべての家庭がぶつかる問題は、
根本的なところでお金の問題ばかりです。

バクお姉様はすでにFPの勉強をされているとのことなので、
あえて今から言うような言葉を使わせていただきますが、
なぜ家庭がお金の問題にぶつかるかといったら、
本質的なところで「お金に無知だから」ではないでしょうか?

お金の悩みは、悩んでるだけでは解決しない

これはパウラのPの持論ですが、お金の悩みは、
悩んでいるだけでは絶対に解決しないんです。

なぜそう考えているかというと、人はだれしも子供の頃から老人になるまで、
つねにお金についての悩みを持っていますよね。

これが何を意味するかというと、
お金の問題というのはただ悩んでいるだけでは、
いつまで経っても解決しないということです。

お金の問題は、自分で意識して問題を解決しなければいけないわけですね。

そしてご家庭に関して言えば、これから生まれてくる子供のお金の問題もでてきます。
生まれてくる子供に正しい金融教育を学んでもらうためにも、
まずは親となるバクお姉様が模範を示すために、お金にまつわる問題を率先して学び、
家計に強い専業主婦を目指してほしいと思います。

改めてバクお姉様、結婚おめでとうございます。
バクお姉様が旦那様とこれから生まれる子供と共に、
愛のある幸せなご家庭を作ることを心からお祈りしています。

おすすめ書籍&おすすめ動画

両学長 リベラルアーツ大学の書籍・動画にて、でまずは家計管理にかかわる「貯める編」の勉強をされることをお勧めします。

created by Rinker
¥1,089 (2021/10/20 22:24:11時点 Amazon調べ-詳細)

人生相談その後:質問者様からお礼のメッセージ

パウラちゃん、こんにちは。
先日のブログ投稿、拝見いたしました。
ご多忙の中、私の人生相談にお答えいただき本当にありがとうございます。

まず副業について、お恥ずかしながらクラウドソージングについては
ボンヤリとその名称を知っているのみで、
こういった形態の仕事があることを存じませんでした。

今回ランサーズという具体的な例を挙げてくださったので、
その業態を把握することができました。
さっそく登録をしてみましたので、まずは簡単な仕事から試してみようと思っています。

また日商簿記3級の取得も目指してみようかと思います。
次のファイナンシャルプランナー3級試験勉強が完了しましたら、
次は日商簿記にしてみるつもりです。

夫は簿記2級を持っているので、教えてもらいながら勉強しようと思います。
一緒に勉強できるのが今から楽しみです。

ブログの中でパウラちゃんは
『「お金の話ばかりじゃん」と、抵抗感を持ったかもしれません』
とおっしゃっていましたが、全く抵抗感はなく、
むしろ私の持っていた不安に対する解決策が示されて視界がクリアになりました。

私が持っていたのはお金に対する不安がほとんどだったようです。
私はまだまだ、お金に無知であると実感いたしました。

今回ご多忙の中お時間を割いてくださったパウラちゃんの気持ちを無駄にしないためにも、
家計に強い専業主婦を目指してゆきたいと思います。

もし賢く節約できたり、クラウドソージングでお小遣い程度にでも稼げたら、
夫に何かサプライズでプレゼントをしたりしようかな、なんて考えています。

生活に心配のないほどに稼いでいただいているというのは、
それだけで本当にありがたいことですよね。

稼げるスキルを持っているにしろ、一つの仕事を長く続けているにしろ、
社会に長期間身をおいて仕事をし、一人の人間として自立しているというのは
それだけで尊敬の対象だと思うのに、私の生活まで背負っていただけるなんてと
夫への感謝と尊敬が絶えません。

それに比べて私は仕事をしていたころは稼ぎも少なく、
少ないならせめて家事を…と思っても体力面の問題で夫に助けてもらう場面が多く、
さらに不幸が続き退職することになり、
私には一体何ができるのだろうととても悩んでいました。

パウラちゃんにアドバイスしていただいたことを、
できる範囲でひとつずつ実践してみようと思います。

最後に、今回の人生相談ですが、実は夫と一緒にパウラちゃんねるを視聴していたため、夫に即バレしました。

「もっとわかりにくいHNを使わないとダメだよ」と爆笑されてしまいました…。
これからも二人で楽しく、パウラちゃんねるを見てゆきたいと思います。

動画投稿のペースから、パウラちゃんのPさんはかなりのご多忙かと推察いたします。
重ねてになりますが、ご多用のところお答えいただき本当にありがとうございました。

暑い季節にもなりましたので、どうぞお体にお気をつけて
動画投稿されてくださいとPさんにお伝えくださいませ。
これからも応援しております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。