サキュバスゴシップ

風俗嬢になって自分に自信が持てた女の子、思いやりが大事!

まえがき

このお話はパウラちゃんねるのお手伝いをしている赤月めうさんが
わざわざ動画のために取材をして提供頂いた体験談の記事となります。

※個人情報保護のため一部アレンジしています。

体験談

アキ子と言います。

もう結構前の事なのですが、私は20代の時にいわゆる出張系のお店でお仕事をしていました。

私は低身長でぽっちゃり体系だったこともあり、
学生時代は恋愛経験もなく、女性としての自信がありませんでした。

大学卒業後は普通に就職しましたが、
やはり職場でもあまりモテることはありませんでした。

ある時、友達が出張系の仕事を始めたのですが、
それから女友達がどんどん綺麗になっていくのを見て、
私も興味を持ちました。

それで私は、人妻をコンセプトにした出張系のお店でお仕事をすることにしました。

もちろんお仕事を始める前は、こうしたお仕事への良くないイメージもあって、
ドキドキしていました。

でもいざお仕事を始めてみると、イメージが180度ひっくり返りました!

まず、私に優しく接してくれるお客様が凄く多かったです。
学生時代も職場でも、異性として優しくしてもらえた記憶がない私にとって、
びっくりするくらい優しく接してもらえました。

私は身長も低くてぽっちゃり体系なので、お世辞にもスタイルは良くありません。
でもお客様は、そんな私の体系が好きだと言ってくれて、とても嬉しかったです。
また接客中も、私のことを異性として喜ばせてくれるような言葉をささやいてくれたり、
リピーターになってくれた人の中には、私が好きなスイーツを差し入れしてくれたりする人もいました。

そんなお客様の気持ちが私にとってはすごく嬉しくて、
私ももっと頑張ってお客様を癒してあげたい、私と過ごす時間を楽しんでほしいと思って、
頑張ってお客様と楽しい時間を過ごすようにしました。

お客様もそんな私の気持ちを受け止めてくれて、
どんどんリピーターさんが増えていきました。

もちろん色々な人たちと関わる以上、嫌なことはあります。
でも人間関係が大変だったり、嫌な思いをするのはどんなお仕事でも一緒だと思いました。

むしろ私にとっては、同性の同僚や上司の顔色、
取引先に粗相をしないようにと常に神経をとがらせるような、
そういう一般的なお仕事での人間関係の方が、
実はずっと辛かったくらいです(笑)。

お仕事を通じた形とはいえ、女性として認めてもらえるのは、
私にとっては大きな自信になりましたし、
とても貴重な人生経験になりました。

自分の頑張りで誰かに喜んでもらえることが
こんなにも嬉しいことだとわかったのは、このお仕事のおかげです。

このお仕事を通じて、新しい世界がひらけました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。