リスナー体験談

アラフォー独身女さん誕生の軌跡をご紹介します【リスナー体験談】

まえがき

今回お届けするのは、パウラの公式サイトに寄せられた、お姉様の体験談です。

動画として見たい場合はコチラ

体験談

投稿者プロフィール

【ハンドルネーム】加点方式は大事 さん
【性別】女性
【年齢層】アラフォー
【お仕事】主婦

【題名】友人だったAが典型的女さんになるまでの軌跡

友人A(以下Aと呼びます)は学生時代から
・勉強は出来る方で運動は少し苦手
・見た目は普通、コンプレックス少々あり
・プライドが高め、オタだけどそれを隠そうとする
所作で(急に高い声で笑う・急にはしゃぐ・動きやアニメ用語が出る等
オタは隠しきれてませんでした

せっかく告白されて付き合った男性もいたのに
「キスされた時にゾッとした。その先を考えられないくらい気持ち悪い男」
「外見もあんまり好きじゃなかった、告白されたのが嬉しくて舞い上がって付き合ってしまっただけ」等
私や他の友人に言い訳?をして男性とは別れていました。
もちろん周囲の友人たちは、そんなAに対し
「相手に失礼すぎる!そういう中途半端な気持ちで付き合っちゃダメ」と忠告しても
Aは「顔も好きな音楽も全然 好みじゃなくても、付き合ったら好きになれるかも?と思ったんだもん」と
学生時代ならこれでも許されていたのですが…

進学→就職→とだんだん人生を歩んでいくにつれて
「男は稼いでなきゃ。良い車を持ってる方が良いに決まってる」
「男も女も、もっと大人っぽい格好じゃなきゃ」などの言動が目立ってきたA。
その時は大体19歳~23歳頃で、結婚が早めの友人たちは既に結婚し始める第一次結婚ブームもあり
Aも背伸びしたい時期なのかな?と、私やその他の友人もちょっと首をかしげる程度でした。
少し心配になり、私が
「若いうちから良い車に乗るという事は結構ローン(借金)もあるんじゃない?大丈夫?」と聞くと
全力で否定されましたが、数年後にひょんな事から当時の話になり
「半同棲で、お互いシッカリ稼いでたけど、ギャンブルやローンで借金だるまだった
どうしてあんなにお金が無かったのかわからない位だった」と悲しそうに言ってました。
その男性とは、数年間で くっついたり別れたりをくり返していたようです。
若いうちなら、そんな事もあるよねーで済ませられるような話でした。

Aは、次に付き合った人とは楽しく過ごしていたようで
たまに電話やメールで「大事にされてるよ。楽しいよ。」とも言ってたので
安心していたのですが、2年ほどで別れてしまい、かなり後から
「背中にタ〇ゥーが入ってたのが嫌だった」
「優先駐車場に普通に停めようとするのも嫌だった」
「なんだか相手の親が自分を嫌ってるみたいだったし、それ位のおばさんの年齢の人と自分は合わない」
「女の20代の最後の方は貴重な時間なのに」などの愚痴。
なぜかAは付き合いが続いてる時期に悩みを言わずに、全てが終わった後で私や友人に報告するなぁと
そういう人と付き合ってるんだ…と思われたくなかったのかもしれないです。

この時期で、もう第二次結婚ブームが過ぎる頃。
Aの浮いた話を聞かなくなってしばらく経ち、何人か付き合う人が出来ても長く続きません。
でも上記の男性達と別れてから、Aは確実にこじらせて行きました。

さらにAが昔付き合ってた男性の結婚相手が、同級生だった子と判明した時
一体どういう子なのか覚えてる?と聞かれ、正直に
「学生時代に運動部にいたあの子だよ。笑顔がパッと素敵で色が白くて素直な感じの可愛い子」と答えたら
「何でそういう事言うの!」と、すごく怒られてしまった…
Aがなんで怒ったのか全く分からなくて
昔付き合ってた人が結婚する人が、良い人そうで良かったなーと思うかな?と正直に答えたのに。
怒るという事は、嫌な女性と結婚してればいいと思ったのかな。
そういえば別れた男性をすごく嫌いになるのがAだったなぁと
(実は色白の部分以外はほんの少し顔つき等がAと似てる子だったかも、と後から気づいたけどそれは言わないでおいた)

そしてAの私や友人への言動が、
「男って基本バカだから~」
「まだアレと付き合ってるの?いい出会いが無いんだね~」
「そういう旦那ってクズじゃない?」などです。
若い頃のAはこういう事をあまり言わない人だったのですが。

奇跡が起き「結婚前提にお付き合いしましょう」とAに求婚する方が!
3ヵ年計画でゆっくり進めて行こう!、ラストチャンスだね!
少し優しい感じの服装でデートへ行こうね!とアドバイスをしても
「なに言ってんの、ピシッとした格好しなきゃ!3年してから別れたらどうすんの!
1年以内に結婚したいし、3カ月以内には話を進めなきゃ!」と言い始めたA
私の言葉はクソバイスだったようです。

そして1年経たずに破談になりました。
お相手の方に「性格がキツすぎる」と言われてしまった(過去の人からも言われた事があるらしい)ようで
復讐したい…と言う程こじらせてしまいました。

今では立派な典型的女さんで、貯金も少額の非正規アラフォー
若くない自覚はあると言ってましたが
「男が結婚式のお金を出すもんでしょ!子どもも欲しいし!」
「男におごってもらえないと女の価値がないと思う」(Aが若い頃から言っていた)
「自分からガツガツ行きたくない。付き合う時とか結婚とか肝心なタイミングの時は男から来てほしい」と
本当に自覚してるとは思えない。

30代中盤~Aにたまに聞いてきたQ&A
・子供が欲しいならなぜ10年前から行動しなかった?→普通に付き合ってれば結婚まで行くと思ってた
・なぜ友人や知人から紹介が来ないと思う?→良い人がいないからじゃない?
(いいえ。良い人がいてもAに紹介するとボロクソに言うから紹介したくなかった)
・自分が結婚式の費用を半額出せないのに、なぜ相手に全額出してもらいたいの?→男が出すものだと思う
・なぜアラフォーで子ども欲しいの?→結婚したら自然にできるものだと思ってるし
・年取ってからも一緒にいたい人なの?→まだ結婚も出来てないのに、そんなに先の暗い話とかしたくない
・もし相手の人が今の仕事じゃなく転職とかしたらどうする?→そういうバックボーンじゃないから

あと何年もしないうちにアラフィフです。早い人は孫もいる。
自力で気づけないなら、もう突っ走れーと思います。
長文乱文 大変失礼致しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。