リスナー体験談

【体験談】勘違いアラサー女性、超優良物件を振った理由がひどいw

まえがき

今回は30代前半の婚活女さんの体験談のご紹介です。

この女性は、せっかく知人の紹介でハイスペックな男性とお付き合いできるチャンスを得たのに、
なんと、自分から断りしてしまったのです。

しかも、その理由は、男性に何か大きな問題が出てるなどではなく、
正直、かなりバカバカしい理由です。

体験談

典型的な優良物件狙いのアラサー婚活女性

「20代を仕事と遊びに費やし、あっという間に30代前半」
「昔はすごくモテてたし、楽しいデートもたくさんした」
「でも30歳になって出会いがなくなってしまった」
「あーあ、高望みはしないから、私に釣り合うハイスペックな男性と結婚したいなー」

こういう感じの女性ですね。
ようするに、皆さんもご存じの典型的な余り物の売れ残り婚活女子なわけですが、
この女性にその自覚はない模様です。
女性は、自分の女としての価値は永久に衰えないと思っているみたいですね

知人の紹介で優良物件の男性とデート!しかし・・・

この女性、たまたま知人の紹介で東大卒の医者の男性とデートをすることになりました。
ハイスペックな男性を希望していたので、願ったりかなったり。
このままこの男性と結婚まっしぐら。そうなればよかったのですが。。。
なんとこの女性、デートが終わった後

「こんな男と二度と会いたくない」

そう吐き捨てて、交際をお断りしたそうです。

理由は「デートがつまらなかったから」

お断りのゆうですが、それは男性にハイスペックを打ち消すような問題があったわけではなく、
ただデートがつまらなかったからお断りしたそうです。

「会話が盛り上がらないし、私が喋り続けるだけ。つまらなかった」
「デートなのに女性を楽しませようという努力をしないなんて終わってる」
「仕事ばかりで、女性と遊んできた経験の無い男性はダメだわ」

要するに、この女性が求めているお相手というのは、

ハイスペックなのは当たり前
そのうえ、おしゃれなレストランに詳しくて、
女性を上手にエスコートできて、
女性を喜ばせる話術に長けていて、
常に女性を楽しませる存在でなければいけなかったんです

いやー、余り物の自覚がないと、こういう感じになるんですね。
この女性、何のために結婚したいんですかね。
恋愛も結婚もどちらか一人が努力して成立するものではないですよね。
対等な交際ではなく、相手に幸せにしてもらおうと思っているのが見え見えです。
この女性の言う幸せとは、贅沢な生活を送れる経済力と肩書を当たり前に兼ね備えていて、
しかも、デートも絶対に男性に楽しませてもらう
そういうパーフェクトヒューマンな王子様との結婚なんですね

もしかしたらこの女性は、
20代のうちは理想とする男性とお付き合いできたのかもですが、
今更30代になってからも理想の男性に選ばれると本気で思っているのでしょうか?

このハイスペック男性サイドのお話

この女性は自分から断ってやったと思っているようですが。。。

もしかしたら男性も、無理やり紹介されて、
しぶしぶ来ていたのかもしれませんから、
お断りされて多分内心ほっとしていると思います。

あとついでに、目の前に出てきたのがこんな勘違いアラサー女性だったので、
結婚そのものへの意欲を失ったかもしれませんね

あるいは、そもそもこの女性とお付き合いする気がなくて、
あえて相手がつまらないと感じるようなデートをしたのかも?

ハイスペックな男性なら、そこまで頭が回っててもおかしくないですね。

POSTED COMMENT

  1. アバター 正樹 より:

    下らない女、韓国と一緒、同じ言語なだけ更に質が悪い、関わらないのが一番大切

  2. アバター 匿名 より:

    めんどくさすぎ、恋心は2次元で癒しはネコでいいです。

  3. アバター 匿名 より:

    余りものなのに
    ・デートで上手にエスコート
    ・喜ばせる話術に長けている
    ・常に女性を楽しませ続ける

    これをこなしつつイケメン高身長高年収高学歴であること
    すげえな女さんはw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。