パウラの独断と偏見

【交際も無理】男性が「これはない」と感じる婚活女さんの特徴3選

まえがき

今回は、男性が交際すらご遠慮したいと思うであろう、
男性が「これはない」と感じる婚活女さんの特徴を、
パウラの独断と偏見で3つご紹介したいと思います!
あ、もちろんお兄様もお姉様もわかってはいると思うのですが、
これから取り上げるような女性は、ごくごくごく一部の女性です
きっと今婚活している女さんは、この特徴に当てはまらない、素敵な女性が大半だとパウラは確信しています。

本題

その1 選ばれる努力をしない

男性が「これはない」と感じる婚活女さんの特徴の1つ目は、
自分が男性から選ばれる努力をしようとしないタイプの婚活女さんですね。
こうした婚活女さんは、基本的に自分が選ばれない自覚がないため、
基本的に婚活が長期化し、自分のことではなく男性のことばかり評価する人間になっています
中には、自分の婚活歴が長いということが、どういう意味かを自覚できず、
堂々とこんなことを言う女性までいるんです。

私は長く婚活を続けて、いろいろな「ありえない男性」を見てきました。
たとえば話が長い男性とかよくいますよね。
相手のことを置き去りにして自分の自慢話ばかり延々話す人はありえないです
それに、みんなにイイ顔をする男性もあり得ないと思いますね。
だってみんなにイイ顔をするってことは、一人の女性を大事にすることができないからです。
あと、デートの時にクーポンを使う男性もありえないです。
せっかくのデートでクーポンを使って割引してもらうとか、どうかしてるんじゃないですか?

こんな感じで、長い婚活の中でありえない男性について延々語る女性もいます。
あるいは、

まさか、私が未婚のまま30歳を迎えるだなんて思わなかった
でも、婚活してて次から次へと現れる男は、私の結婚相手にふさわしくない男ばっかり
私はもうアラフォーに突入しちゃったし、特に美人というわけでもありません
でも、年収600万円くらいの年収がある普通の男性と普通に結婚したいです
婚活を続けているとどんどん目が肥えるので、やっぱり素敵な男性と結婚したくなってしまうんです

と、こんな感じのことを言う女性もいますね。
こうしたことを言う婚活女さんの共通の誤りは、
長い間婚活で男性を選ばなかったのと同時に
自分も長い間、男性から結婚相手として選ばれなかったという自覚がないことです。
つまり婚活歴が長かったり、多くの男性と出会ってきたのに結婚していないということは、
同じく自分も男性たちから選ばれなかったということなのですが、
そうしたことに気づけない人がいるんですよね

え、この女性はこんなに長く婚活し続けてるの?
この人はまるで自分だけが選ぶ側だと思い込んでるけど、結婚って、男女双方が選ぶものだよね?
つまり、男性はみんな「この人はないな」と思ったってこと

深くかかわるとこっちが酷い目見そうだから、この女性とかかわるのはやめよう

と、男性はこのように感じ、この女性を「かわいそうな人」とは思っても、
間違っても結婚相手として選んであげようとは思えないのです。
しかし、女性の中にはこのように反論する人がいるかもしれません

でも、私は男性から何回も交際を申し込まれている!
それを私の方から断ってきただけ!
だから、私は男性から選ばれているの!
決して選ばれていないわけじゃない!

しかし、こうした女さんは、そもそも交際と結婚の違いすらわかっていない可能性があります。
男性は心理的に、最初の段階で大きな問題を感じない相手であれば、まずは交際を申し込もうとする、器の大きい人たちが多いのです。
実際にお付き合いに発展しなければ、お相手がどんな人かを知ることができないとわかっているからです。
つまりあくまでも交際というのは、結婚の手前の段階であり、
お相手との相性を見極める機会を作りましょうと言っているだけなんです。
こうした結婚と交際の区別がつかないばかりに、
交際、イコール、結婚相手として男性から選ばれたと勘違いする女さんがいるわけですね。

はあ? 現に婚活で結婚できてないんだから、何か自分に問題があるってことに気付かないのか?
そもそも、交際と結婚は全然別問題で、交際を申し込まれたところで結婚に至るわけじゃないんだぞ?
交際を求められたところで、結婚に発展するかは別問題なのに。

この女性は、交際がどういう意味なのかすら分かっていないんだな。残念な人だ。

男性はこのように思うのです。
いずれにしても、選ばれる努力をしないままの女性は
男性から「これはない」と判断されるわけですね。

その2 初デートから男にたかる

男性が「これはない」と感じる婚活女さんの特徴の2つ目は、
初デートから高級な食事をご馳走してもらうなど、
男のカネにたかる特徴を持った婚活女さんですね。
特にこれは、結婚相談所を介した出会いでそうした傾向が強いのですが、
婚活女さんの中には、「男性のおごり」にかこつけて、
初デートでガツガツと普段食べられないような豪華な食事を男性に要求するんです。

全部男が奢ってくれるんだから、初デートはホテルのラウンジで3000円のケーキセットが食べたいです
全部男が奢ってくれるんだから、初デートでは特上ステーキ食べて、そのあとに有名スイーツ店でケーキが食べたいです
全部男が奢ってくれるんだから、初デートは12000円のすし懐石料理が食べたいです

と、こんな感じですね。
こうした「おごり」とか「割り勘」の問題が議題に上がると、
女さんは決まってこうした反応を示します。

割り勘を請求する男は、セコくてケチ臭い!
ランチ代もごちそうできないなんて、男として器がちっちゃい!
デートで割り勘を要求するようなケチ臭い男なんか、女は選ばない
女性は、割り勘をする男よりも、ご馳走してくれる男をかっこいいと思うもの、大事にしてくれていると思えるから

このように、ご馳走しないことと「男の器」の問題を結び付けるなど
わざわざ男性を馬鹿にするようなことを言う人までいるんです。
こうした考えの根本的な間違いは、奢るだの割り勘だのは、結婚という本質から外れていることに気付いていない点です。
男性女性にかかわらず、奢りとか割り勘の問題をそもそも結婚と結び付ける人たちは多いのですが、
そんな低レベルな問題を気にする時点で結婚の本質から外れているのではないでしょうか?
伺いたいのですが、男性が女性に奢らないと、結婚は成立しないのでしょうか?
こんな簡単な問いかけすら自分にできないのであれば、結婚なんかできるはずありません。
男のおごりにかこつけて意地汚くガツガツする行為が
どうして「結婚」に結びつくのか、パウラには全然わからないですけどね。
割り勘を要求する男性が「ケチな男」なら、初めから男性にたかるためにデートをする女性は「意地汚い女」のはずです
女性はどういうわけか、自分のことを棚に上げる性質がありますが、
お相手を評価をする権利は男性も女性も平等にありますし、
お相手を選ぶ権利も、男性女性に平等に存在します。
最初から男のカネにたかるような卑しい女さんを、どうして男性が選ぶと思うのでしょうか?
もし、おごりだの割り勘だの、そうした問題を結婚に無理やり関係させて

「いちいち奢りぐらいでグチグチいうケチな男を、女性は選びません」

というのであれば、男性側の視点として

「いちいちデートで男のカネにたかる卑しい女を、男性は選びません」

と、このように男性女性双方の視点で考えるべきですよね?
婚活女さんも、男のことをあーだこーだ言う前に、
自分の性格の問題点や自己中な生き方を見つめなおしたらいかがですか?

その3 婚活で出会った男性の悪口を言っている

男性が「これはない」と感じる婚活女さんの特徴の3つ目は、
婚活で出会った男性に対して、わざわざ悪口を言うタイプの婚活女さんですね。
もちろん、人間である以上は自分以外の他人に対して、不満を感じたり何かを思うことがあるのは当たり前。
女性が男性に何かを思うとき、男性も女性に対して思うところがあるでしょう。
しかし女さんの中には、わざわざそうした悪口をブログなどで書き連ねるような婚活女さんまでいるんですね。
最近パウラが発見した婚活している女さんのブログだと
・・・特定されないように表現を色々変えますが、こんな感じのことが書かれていました。

婚活していて思うんですが、やはり婚活している男ってキツイ人多いです。
最近審査した男だと、まったく似合わないスーツ姿の男が登場!
全体的に清潔感もなくて、外見もNGだけど、話も全然面白くないんです!
男のくせに全然気が利かない! お店の予約もしないでデートに現れて、しかもワリカン!
本当に気が利かねー!
こういう男って、本当にモテないよねー

と、こんな感じで、わざわざブログに男性の悪口を書いたりする人がいるんです。
こうした他人の悪口を平気で言う人の一番の問題は、
自分の品位を自分で貶めていて、自分自身が結婚から遠ざかってしまっている自覚がないという点です。
これは男性女性関係なくですが、わざわざ相手の悪口を大っぴらに言うような人を、結婚相手として選ぶと思いますか?
例えば、こうした男性の悪口を言うような婚活女さんのブログを見て、

なるほど! この悪口を言っている女性は、男性を厳しく審査して、厳選する女性なんだ!
この女性は、ブログに悪口を書くことで、ありえない男性を一人でも減らすために活動しているんだ!
こういう自分に甘くて他人に厳しい女性、大好き! 結婚したいです!

こんな風に思うと思いますか?
絶対ないですよね?

え? この女性はどうしてここまで男性の悪口だけ言えるんだろう。
婚活している男性に変な人が多いとか言ってるけど、それは女性側も同じなのでは?
相性が悪い人と笑顔でお別れするだけならともかく、どうしてこんなひどい書き方ができるんだろう
自分だって結婚相手にふさわしい人間になろうとしていないんじゃないの?
そもそも審査って何? 結婚はお互いが選んで初めて成立するんだよ?
こんなことを書く女性は、きっと心がすさんでいるに違いない
こんな女性と、結婚どころか関わり合いにだってなりたくないなー

たいていの場合、こう思うのではないでしょうか?
それも、まともな神経の男性ほど、わざわざ悪口を言う人なんかと積極的にかかわりたくないはずです
しかし、他人の悪口をブログなどでわざわざ書き連ねる人は、
残念ながら自分自身の問題点にだけは気づけないのです。
もし、わざわざブログで誰かの悪口を言う人がいましたら、
ぜひ次のように考えてみてください。

ちょっとまって、勢いのまま悪口を書き連ねちゃったけど、
もしこのブログをこのまま公開したら、このブログを読んだ人たちは、いったい私のことをどう思うんだろう。
これって、結局はただの私の愚痴だし、ただの悪口だよね。
もし私が男性の立場だったら、こんな悪口をブログに書くような女性を選ばないよね?
きっと、このブログを見た人たちだって、そう思うに違いない
人の悪口を言うのって、結局自分を貶めるだけなんだ
私は、自分からわざわざ男性に嫌われるようなことをして、結婚から遠ざかろうとしているんだ

このように自分のことを俯瞰して客観視できれば、
きっと婚活においてもステップアップできることでしょう
ですが、人を評価して悪口を言うとき、
自分も同じように他人から評価されていることに気づけない人は、
「これはない」なと判断され、いつまで経っても結婚にたどり着くことはできないでしょうね?

あとがき

以上、男性が「これはない」と感じる婚活女さんの特徴 3選のご紹介でした。
今回は以上です
最後まで記事を見ていただきありがとうございました
それではまたお会いしましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。