リスナー体験談

【体験談】女の敵は女! 女上司に人生狂わされた女さん

まえがき

ごきげんよう、パウラです(*´﹀`*)
今回はパウラが取材した女性の体験談をご紹介します。
人によっては怖い話に聞こえるし、人によってはとても楽しいお話になると思います。
それでは見ていきましょう!

体験談 私の会社の女性上司、実は○○でした・・・!

私は現在20代の独身女性です。
以前私は、新卒採用された化粧品メーカーの企業で、事務の仕事をしていました。
その時に私が配属されていた部署は、女性が多く、上司も女性でした。
私はこの女性上司のせいで、この会社を辞めることになってしまったんです。
女上司はもともとすごく面倒見が良くて、私にいろいろ良くしてくれたんです。
でも、私が数少ない男性職員と雑談していたところに女上司が現れて

「ここは仕事をする場所なのよ? おしゃべりは仕事が終わってからにして!」

そう怒られました。
それ以来、女上司の態度は一変しました。
私に冷たくしたり、妙に絡んできたり、よくわからない嫌がらせを受けるようになりました。
私のボールペンがなくなっていたり、大事な書類が捨てられていたり。
私は女子校出身で、先輩から陰湿な嫌がらせを受けたことがあったので、すぐに女上司が犯人だと勘付きました。
女上司は、男性職員に気があって、仲良く話している私が気にくわなかったのでしょう。

嫌がらせはだんだんエスカレートしてきて、私は耐えられなくなりました。
ですが直接問い詰めても、女上司はのらりくらりとはぐらかします。
でも、なかなか証拠になるものがなかったんです。
そして、証拠をつかむため、オフィスに設置されている監視カメラを見せてもらいました。
すると、やはり犯人は女上司でした。
監視カメラで分かったのは、それだけではありませんでした。


女上司は、私がたまたまデスクに置いていたハンカチを手に取って、
ハンカチの匂いをかいでいたんです。
更に、私が愛用しているコーヒー用のマグカップを手に取り、
私が口をつけていたところにキスをしたんです。


き、気持ち悪い!!!
私はそれを見て、背筋が寒くなりました。
なんと、女上司はレズビアンで、私のことが好きだったんです。
後日、他の上役の人も交えて女上司を問いただしました。

そして、私にこう言ったんです。

私は昔から女性が恋愛対象だったの。
それに、あなたのことが入社したときから好きだった。
あなたが男性と楽しく話しているのを見て、私はすごく苦しくなった。
だからあなたには、いろいろ悪いことをしてしまった。
それについては本当にごめんなさい。
でも、私のあなたに対する気持ちは本当なの。
私の気持ちを、どうか受け入れて!


こんな感じで迫られて、私はとにかく怖くなりました。

私はレズビアンではないですし、これだけの嫌がらせをしておいて、それで好きになってくれとか、何を言っているのか全然わかりませんでした。
結局、女上司は会社を辞めたのですが、それからもメッセージが送られてきたり、付きまとわれて私の自宅のポストに手書きの手紙が入っていたりしました。
私は悩んだ末に転職を決め、別の場所に引っ越しました。
私はこの会社の仕事が好きだったので、本当は辞めたくなかったんです。
この女上司の一方的な気持ちのせいで、人生狂わされました。

パウラの後からコメント

まさかの百合案件な体験談!w
この女さんもそうですけど、嫌がらせして気を引こうとする手口って、皆さん、どこかで聞き覚えありませんか?
そう。小学生男子が、好きな女の子に対してやる行為そのものですよね?
大人になってからこういう行為をするって、女さんはどれだけ小さいころに精神年齢の成長が止まるのでしょうか?
まぁ女さんは、子供の頃から大人になるまで、常日頃から審査官ヅラしていますから、
いざ自分たちがアプローチをする側に回ると小学校低学年レベルの行いしかできないのかもしれませんね?
まぁパウラも百合は大好物なので、
相手が可愛ければこういう迫られ方をしてもぜんぜんオッケーですけどね♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。