動画

まとめの概要

松本人志が自身のスキャンダルを報じた文春に対して「闘う」と宣言してから一か月以上が経過。
しかし文芸春秋によると、「松本人志からの訴状はいまだに届いていない」ということが判明し、ネットで話題になっている。
このことを報じたのはTBSの情報ワイドショー番組である「サンデージャポン」。
2月11日、サンデージャポンは松本人志のニュースについて取り上げた。
時系列順に見ていくと、まず2023年12月26日に文春砲が松本人志に対して炸裂し、
その翌日に吉本興業がまず「当該事実は一切ない」「法的措置を検討する」などとし、
続いて松本人志もXにて"いつ辞めても良いと思ってたんやけど… やる気が出てきたなぁ~。"などと言ったりするなど、文春に対してファイティングポーズを見せていた。
そして2024年1月8日、吉本興業はお知らせにて、
松本人志が「様々な記事と対峙して裁判に注力したい」ということで芸能活動の休止を発表。
同じ1月8日に松本人志自身のXでも「事実無根なので闘いまーす。それも含めワイドナショー出まーす。」と、文春に対して「闘う」と宣言。
そしてとうとう1月22日、松本人志は文春に対して訴訟を提起。
名誉毀損による損害賠償と謝罪広告の掲載などを求め、東京地裁に提訴。
・・・という流れだった。
こんな感じで最初に松本人志が「闘います」宣言をしてから数えて1カ月以上が経過した2月11日現在、
TBSのサンデージャポンが文芸春秋に対して取材をしたところ「訴状は届いておりません」と回答があったとのことで、
いまだに訴状すら届いていない状況であるとのこと。
サンジャポにレギュラー出演している細野敦弁護士によると、
提訴が1月22日であることから「なんの問題がなければ、2月上旬が過ぎたわけですから訴状が届いてもおかしくはない」と指摘。
つまり松本人志の提訴に何かしらの問題がある状態である可能性が浮上している。
文春に対していまだに訴状すら届いていない理由として考えられるのは、
「訴状の記載に関して、裁判所と松本さんの代理人の間でやりとりが行われている」
「こういう内容を追加してください、訂正した書面を出してくださいと」
「裁判所と代理人の間でやりとりがされていて、まだ送達がされていない段階」
などの可能性を指摘。
さらにもう一つの可能性として、
「ないと思いますけど、松本さんが訴えを取り下げたとすると、裁判所も公表しない、松本さんも公表しないと。その可能性がないわけじゃない」
という感じで「松本人志が訴えを取り下げた」という可能性もゼロではないことが指摘された模様。
ネットではこのことを取り扱ったスポーツ報知の記事が話題になっている。

パウラの感想

やれやれ、俺たちのまっちゃんはお笑いについてはプロでも、法廷オフについては素人さんなんだから手こずるのは仕方がないでしょうが!
知らない人と忘れている人もいると思うのでお話しますと、
この松本人志の文春に対する訴訟については、吉本興業が代理しているわけではありません。
それどころか、松本人志さんの弁護士も、吉本興業がこうした問題に強い顧問弁護士をつけたりしているわけでもないのです。
この法廷オフについては松本人志が「個人」で行っているうえに、
また今回まっちゃんの代理人としてついた弁護士は、検事から弁護士へと転身したいわゆる“ヤメ検”の弁護士さんですが、
この人は「検察官時代に不正行為をして懲戒処分を食らって検事を辞職したフダ付き弁護士」って感じでネットで有名な人だそうで、
そのせいでまっちゃんが提訴した当時から「これ負け戦じゃないの」とか言われた挙句、
吉本興業関係者が文春の取材に応じちゃって
「当初、松本さんは別の弁護士にオファーを出していましたが、『勝算がない』と次々断られた」と内情を暴露されたりしてしまいました。
つまり法廷オフ素人のまっちゃんとフダ付きで有名な弁護士のコンビということで、
そりゃあ手続きにてこずるのは当たり前なわけです。
おい吉本、問題はお前らだぞ?
お前らどうしてまっちゃんのために法廷オフしようとしないんだよ?
なんでお前らまっちゃんを個人で戦わせてんだよ!
一番最初に「事実無根」だの「法的措置を検討する」だのと言ったお前ら吉本はいったい今なにをしてるんだよ!
これは「人志松本のすべらない法廷オフ」じゃねーんだよ!
これが舞台の上なら、吉本が「文春訴える」でまっちゃんが「俺も俺も」で吉本が「どうぞどうぞ」の流れになってお客さんは笑ってくれるかもしれないけど、
これは舞台の上のコントじゃなくてリアル法廷オフの話なんだから、
下手をしたらまっちゃんが戦う前に負けちゃって、そのまま芸能人生命が終わっちまうだろーが!
もしもこのまままっちゃんと三流弁護士のすべらない素人コンビのせいで、
法廷という名の舞台にすらまっちゃんが立てずに終わったりしたら、
文春VS芸能界隈の戦いを楽しみにしていたパウラ、悔しくて泣けてきて股間の割れ目から謎液がほとばしるだろーが!
ていうか吉本、いま矢面に立ってるのはまっちゃんだけだけど、
こんな文春砲に対して法廷オフの舞台にすら立てないなんてことになったら、
文春をはじめ下品な週刊誌たちが調子こいて、吉本芸人のことをあることない事報道しちゃって、
下手したら今売れている吉本芸人が全滅する可能性だってあるってことを忘れるなよ?
こんな文春の横暴を許してたら芸能界隈がマジで終わるからいいかげんに真面目に戦え!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事