NVIDIA時価総額、Amazonに並ぶ AI追い風に270兆円

記事を要約してみると・・・

NVIDIAの時価総額が一時的にAmazonを超え、世界で5番目に大きな市場価値を持つ企業になった。

NVIDIAの株価は報告日に前週末比約3%上昇し、時価総額は約1兆8200億ドル(約270兆円)に達した。

この増加は、生成AIブームによる同社の画像処理半導体(GPU)への需要の急増によるもの。

NVIDIAはデータセンターで使用されるAI向けGPUをほぼ独占的に供給しており、業績が急拡大している。

生成AIの学習や動作には大量のGPUが必要とされ、NVIDIAの製品が中心的な役割を果たしている。

テクノロジー大手、特にクラウドサービスを提供する企業(例:Amazon, Microsoft, Alphabet)は、生成AIに積極的に投資している。

マイクロソフトは生成AIの効果でクラウド事業の増収率が前年同期比30%に達し、AmazonやAlphabetを上回った。

NVIDIA時価総額、Amazonに並ぶ AI追い風に270兆円(日本経済新聞より)

エヌビディアの株を10年保有してた人、150万円→2億円(140倍)になってしまうw

ネットの反応

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事