動画で見る

話題のあらまし

日テレは2月17日、午後4時40分から「24時間テレビ特別番組」を放送。

「24時間テレビ」の寄付金を着服したことを謝罪し、不適切な寄付金の取り扱いが2件あったものの、寄付金の着服は他にはなかった旨を公表。

さらには募金活動の意義を強調したり、再発防止策などをするとか言ったことから、日テレは今年もどうしても24時間テレビをやりたい模様だ。

しかしネットでは「不祥事がたった2件なんて信じられない」「ていうかまだ続けるつもりなの」「番組やめろよ」という声が多く見られる。

なにより「寄付金の着服は他になかった」という旨の発表をしたが、ネット記事では「公になってないだけで他にもあった」という話が過去に出ている。

寄付金着服事件「日テレは完全スルーしてる」とネットで話題に

2023年11月28日、東スポWEBが「日本テレビ系列局幹部が「24時間テレビ」寄付金264万円を着服」という記事を掲載。

「24時間テレビ」の寄付金から計264万6020円を10年間にわたり着服していたとのこと。

「24時間テレビの存在意義をも問われる重大スキャンダル」ということでネットを中心に大炎上した。

当然視聴者からしてみたら、これはチャリティーの根底を揺るがす大問題。

しかし当時、日テレはこの寄付金着服事件をほぼ完全にスルー。

この寄付金着服問題が表沙汰になった翌日の11月29日、日テレ系列の番組では「news zero」などで触れられただけで「ZIP」「DayDay」「ミヤネ屋」ではこの問題をスルー。

世間で起きている問題にいつもあーだこーだと言っているタレントや日テレ社員たちは、自分たちの不祥事に口を閉ざしている姿にネット民から怒りの声が上がった。

日テレが特別番組で「他に不正は無かった」と強調も「信用できない」

こうしたいきさつから、日テレは約三カ月近い期間を経て謝罪番組を放送。

日本テレビが2月17日午後4時40分から放送した「24時間テレビ特別番組」では、

まず事件について謝罪からスタートして、着服された寄付金が全額返還されたと報告。

24時間テレビチャリティー委員会31社、関係者283人に各社で聞き取り調査をした結果、

不適切な寄付金の取り扱いが2件あったけど、不正行為は確認されませんでしたとのこと。

この不適切な寄付金の取り扱いとは「2003年にボランティアスタッフが両替をした」というのと「2013年に寄付金の封筒を紛失した」というもの。

いずれも発生した年に関係者への謝罪、委員会への返還終了が確認されているとのこと。

そして日テレは「募金活動に関わった全31社、283人に聞き取り調査を実施。31社が直接運営する現場、募金協力団体が運営する会場で不正行為は確認されなかった」とテレビで話した模様。

これはつまり「寄付金の着服は他になかった」ということを話したかたちになる。

また「集まった寄付金が福祉、環境保護活動、災害復興などの各種支援に活用されてきた」と実績を紹介することで、24時間テレビをやる意義をアピールした。

そして「外部弁護士を交えた不正防止対策チームを発足させ、再発防止のための新たなルールを設定した」とのことで、

最後に「より安心で厳正な募金活動を目指す」とコメントした。

これらの話をパウラちゃんねるなりにまとめると、

「他に寄付金の着服はしてないし再発防止もするから今年も24時間テレビやります」という宣言という事。

当然ネットでは――

他に寄付金の着服は無かったし、24時間テレビの意義も分かったし、再発防止もされるから今年も24時間テレビ頑張ってください!

とはならず、こうした日テレの対応に対して怒りと疑問が噴出。

不祥事がそれだけとはにわかには信じられない

もはやメディアという立場を利用した不祥事製造機関か?

いやいや、まだやる気満々なんですね。

寄付金問題以外はほったらかしですか?

信用できないから二度と募金しませんと思うだけ

https://news.yahoo.co.jp/articles/f60a94881db811c453dec80d30c4ca7f5d2ec9b9/comments

という感じで批判的なコメントが殺到した。

「別の地方局でも、募金で集まった現金を着服した関係者がいた」という記事も

ところで、日テレは今回テレビにて「他に寄付金の着服は無かった」と言ってしまったかたちになるが、ほんとうに他に不正行為の可能性はゼロなのだろうか?

実はこの寄付金着服問題が判明した翌日の11月29日、サイゾーウーマンが「公になってないだけで他にも寄付金の着服はありました」という旨の記事を掲載している。

その記事では「地方局関係者」のコメントが紹介され、

「数年前に別の地方局でも、同じように募金で集まった現金をフトコロに入れてしまった関係者がいたようだ」

「すぐに不正や犯人は明らかとなり、返金にも応じたため表沙汰にならなかった」

https://www.cyzowoman.com/2023/11/post_457620_1.html

という話をしており、表沙汰にせずもみ消しを計った疑惑が存在している。

これがもしネット記事がでっちあげた架空の関係者などではなく、本当に地方局に在籍していた人間の話だとしたら、

今後週刊誌を通じて「他に不正を働いた社員」の話が表に出てきて再炎上する可能性もある。

ちなみにこのサイゾーウーマンのネット記事で登場した地方局関係者は、

「一部の系列局員が私欲に走ったという話だから、少なくとも来年以降の放送に関して影響が出る可能性は低いとみられてる」

「着服の多くは会社の売上金だったから24時間テレビ』を中止するほどのことになるとは思えません」

https://www.cyzowoman.com/2023/11/post_457620_1.html

と話すなど、この寄付金着服問題をチャリティーの根幹を揺るがす問題ではないと思っているようだった。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事