記事によると・・・

「年収500万円くらいあればいいから30歳から35歳くらいの普通の会社員の男性と結婚したい」と言っている女性の希望は現実的なのか?

結論からいえば30代で年収500万円以上稼ぐ男性は多くないため、経済力の部分のみ考えても条件を満たす結婚相手を探すのは簡単ではない。

「年収500万円稼ぐ普通の会社員」は、もはや普通ではないと考えられる。

「高望みしているわけではない。普通の人でいい」と考えていても、もはや年収500万円は「普通ではない」状態になっていること。

婚活は理想と現実の差を直視することも大切。

詳細はコチラ↓

ネットの反応の一部

30歳代前半で年収500万は中央値ちょい上なんだけど、 既婚男性含む場合なんだよね。
その友人が残ってる女性の中で上位20%に位置しているかどうか 客観的に考える必要があるね。
もちろん結婚出来なくても良ければそれでも良いが、そうでなければ 釣り合うラインを考えるべきだね。

年収500万円の相手をつかまえたいなら、自分が年収500万円になるのが手っ取り早い。
女性の場合、年収500万円の仕事に就くことは難しくても、その職場で事務補助など年収200万円台の非正規雇用に就くことは容易なのだが、これが落とし穴。年収500万円の正社員と顔は合わせても良縁につながらないまま、男性を見る目だけが肥えてしまうことがある。

結婚はゴールではないとよく言いますが、最終的に添い遂げるには、相手への想いやりがあることが重要で、万が一収入が少なくなっても知恵と工夫で協力して家庭を守っていける相手がいいんですけどね。男女ともに。
この手の記事でよく思うのですが、その友人が年収500万円に到達すればいいだけなのではないかって思います。 専業主婦・主夫を望むのは構わないのですが、それに見合った努力や価値を提供することが出来るのかがよく分からないです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事