動画で見る

テレビ朝日が4月放送の「開局65周年記念ドラマ」を自画自賛

テレビ朝日が、木村拓哉主演のドラマの設定に「間違いだらけ」とツッコミが殺到した結果、ネットの声に負けるかたちで設定をサイレント修正したと話題になっている。

話題になっているのはテレビ朝日が4月にスタートする木村拓哉主演のドラマ「Believe―君にかける橋―」。

このドラマはテレビ朝日完全オリジナルのドラマで、主演は木村拓哉が務める。

テレビ朝日はこのドラマを「テレビ朝日開局65周年記念ドラマ」として発表。

テレビ朝日はホームページなどでこのドラマを

「希望と再生のヒューマンエンタメ大作」

「手に汗握るサスペンスと人間ドラマが織りなす壮大な物語」

「先の読めない異次元のエンターテインメント」

「日本のドラマ史にとんでもない一石を投じます」

https://www.tv-asahi.co.jp/believe/ より

などなど、自画自賛しまくっている状況。

「設定がおかしい」とツッコミが殺到

そして早速テレビ朝日はこの予告通り、"設定がおかしい""勉強不足では"という声に押し負けるかたちで設定を修正するという、日本のドラマ史に一石を投じる異次元のエンターテイメントを巻き起こした模様。

3月7日にこのドラマのあらすじが解禁されたが、それによるとこのドラマはキムタクが演じる大手ゼネコンの"建築士"である狩山陸が、思わぬ困難に見舞わるストーリー。

キムタクが演じる狩山陸の設定は「大手ゼネコンの土木設計部で部長を務める"建築士"で、建設物オタクであり、建築にかけては完全主義者で、橋作りに情熱を寄せている」とのこと。

しかしこの設定について、「設定が現実からかけ離れすぎている」ことから「テレ朝は勉強不足ではないか」という声が見られた。

ネットの声などによると、「土木設計部で部長」が「建築士」ということはなく、「土木設計部」で設計をしている人は「設計士」と呼ばれているとのこと。

加えて橋の設計で責任者になるには「建築士」ではなく「技術士」の資格が必要なのだという。

こうしたことから、たったこの程度の情報が解禁されただけで、「間違いが多すぎる」という指摘が数多く寄せられてしまった。

恐らくはこうした声を受けてか、テレビ朝日は3月10日までに木村拓哉の役柄をサイレント修正。

「本作で木村が演じるのは、大手ゼネコンに所属する設計者・狩山陸」と、いつのまにか「建築士」から「設計者」に変更されていた。

大事なのは「ドラマとして面白いか」だが、期待の声よりもツッコミの方が目立つ状況

東スポの過去のネット記事によれば、このドラマは「キムタクがクランクインを遅れさせてまで、ストーリー展開にこだわったもの」のはず。

本当にネット民の声で設定を修正したかどうかはともかくとして、しかしそのストーリーの土台となる設定部分が穴だらけという状況。

ネットの声などでは「設定がおかしいテレビドラマなんていうのは日本では当たり前に存在する」という意見もあるし、

なにより「本当に大事なのは設定の正しさではなくドラマとして面白いかどうか」というのは間違いない。

しかし、今回の件で本当に問題なのは、設定がおかしいこと以上に、そうした声に負けてしまうほどにこのドラマが世間で注目されていない、という事。

実際パウラちゃんねるが前回このドラマについて「勉強不足ドラマ」として話題にしたときも、

ドラマに対して期待を寄せる声よりも「設定がおかしい」という声の方が非常に目立っていた。

キムタク×テレ朝開局65周年記念なのに、Xフォロワーはたった6000程度!?

また肝心の映像のレベルについても、先日パウラちゃんねるが指摘した通り最初のティザー動画が「雑コラ」レベルだったことから、クオリティの面でもやや心配な面がある。

さらに、2月29日に真っ先にティザー動画を解禁した「Believe」公式Xのフォロワー数は、もう既に2週間も経過しているのにたったの6000フォロワー程度という状況。

2023年3月12日現在 木曜ドラマ『Believe-君にかける橋-』【テレビ朝日公式】
より

いくらまだ2週間程度しか経過していないとはいえ、キムタクが映っているティザー動画にPVが投稿されてもこの数字。

しかもテレビ朝日宣伝部のXのフォロワー数は58万フォロワーを超えている。

その上このドラマはただのテレビドラマではなく、木村拓哉が主演にして「テレビ朝日開局65周年記念」という、テレビ朝日の看板を背負ったドラマ。

これだけのバフがかかっていることを考えると、さすがに公式Xフォロワーが6000フォロワー程度というのは寂しすぎる数字と感じてしまう。

「キムタクありき」のドラマ作りに対し「期待できない」の声

この木村拓哉主演の「Believe」に対しては、今もなお「このドラマを楽しみにしている」という声よりも、設定の問題にツッコミを入れる声の方が目立っている状況。

この「設定のサイレント修正」について扱った女性自身のネット記事には、ヤフコメ民からテレ朝に対して厳しい声が寄せられており――、

「主演 キムタクは先に決まってるけど設定すら固まってなくてコロコロ変わるって、順番がおかしい」

「こういう仕事のやり方はそろそろ見直したほうがいい」

「キムタク以前にしれっと指摘されて役割を変える様な安い雰囲気が漂う脚本には期待できない」

「これじゃ、昨今の脚本問題で、脚本家はちゃんとしたオリジナルが書けないと言われても仕方ない」

https://news.yahoo.co.jp/articles/f6dc0b28b5aace91e2becc568d5be2eab24bb505/comments

などなど、「どんなドラマを作りたいか」よりも「キムタクありきでどんなドラマならキムタクが映えるか」から入るテレビ業界のドラマ作りそのものに対してツッコミを入れる声もあった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f6dc0b28b5aace91e2becc568d5be2eab24bb505/comments

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事