フジテレビ番組崩壊寸前へ!下請け会社から嫌われてる実態を暴露されるwww

動画で見る

まとめた話題

フジテレビを始め地上波のテレビ局たちが、まともな制作費すら組めずタレントどころか番組制作会社すらテレビ局にそっぽを向いているという。

知らない人のために説明すると、基本的にテレビが放送している番組はテレビ局の局員が直接作っているわけではなく、下請けの番組制作会社たちが企画を出し、番組を制作している。

しかしその番組を作る制作会社たちが、テレビ局があまりにもしみったれた予算しかくまなくなったせいで見限りつつある状況な模様だ。

話題になっているのはフライデーデジタルがヤフーニュースに掲載したネット記事、

「制作費はわずか200万円…制作会社&タレントの地上波離れで進む「キー局頂点のヒエラルキー」の崩壊」というもの。

この記事は主に、テレビ番組制作会社にてバラエティー番組を担当するプロデューサーである「A氏」の取材内容を紹介し、

フジテレビの制作費があまりにもショボ過ぎて、番組を作ると赤字が確定してしまうことから、あえてキー局が嫌がるような企画を出すことでテレビ番組制作から逃亡しているとのこと。

記事によると、まずこのプロデューサーA氏に対し、旧知のフジテレビ局員から深夜番組の企画の募集があったとのこと。

しかしそこで提示された制作費の予算は、なんとたったの200万円ぽっち。

このプロデューサーA氏は予算を聞いて愕然。

「フジテレビもとうとう、ここまで来たか……」「正気の沙汰とは思えない……」

というふうに嘆いたとのこと。

記事によると、深夜番組とはいえこの予算は異常な数字。

フジテレビの提示する「制作費200万円」とは、決して下請けの番組制作会社に対する報酬ではなく、

「この予算の中からタレントへのギャラを含めて制作にかかる全ての費用を賄え」というもの。

プロデューサーA氏によると、もし番組を作ったら「間違いなく赤字」というレベルの予算だという。

このプロデューサーA氏によると、全盛期のフジテレビなら19時から23時の時間帯の番組制作なら5000万円、深夜帯であっても1000万円の予算が組まれていたとのこと。

とはいえ、真正面から仕事を断って企画を出さなかった場合、今後仕事を振ってもらえなくなる。

そのためプロデューサーA氏は、企画を出さないのではなく、あえてキー局が敬遠するコンプラ的に微妙な企画を出し、番組制作を回避しているという。

しかもこうした番組制作会社たちは、最近はバラエティでもドラマでも、面白い企画ができた場合はまずテレビ局に持ち込まず、

その代わりNetflixやAmazonやDisney+などの外資系のプラットフォームへ企画を持ち込むようになったとのこと。

理由は単純で、外資系の方が制作費が潤沢であるということと、さらに二次利用の権利に配慮した契約を結んでくれるとのこと。

予算はもちろん、この二次利用の権利に配慮した契約は「地上波ではあり得ない」とのことで、

制作会社の多くは今現在、テレビ局向けの企画では手を抜きつつ、こうした外資のプラットフォームに向けた企画に力を入れるようになっているとのこと。

このことからフライデーは、これまで番組制作のヒエラルキーはキー局が頂点だったが、そのヒエラルキーが崩壊しつつあると指摘。

なおフライデーの記事で特に落ち目扱いされているフジテレビに関して言うと、別の週刊誌でも著しいコストカットの話は出ていた。

それが2023年末に女性自身が掲載したネット記事。

その記事では具体的な金額は出ていなかったものの、フジテレビのあるバラエティ番組にて「制作費4割減」「仁義なきコストカット地獄」などと書かれていた。

なおその番組でカットされたコストはタレントへのギャラだったとのこと。

またITmediaが掲載した2023年末のネット記事でも、テレビ局全般で著しい予算削減により、「テレビ制作会社の倒産数が過去10年で最悪になった」とも報じられた。

なおフライデーはこのプロデューサーA氏が話した「新規の深夜番組の予算が200万円」が事実なのか、算定根拠は何なのかなどをフジテレビに対して質問。

それにたいしてフジテレビ広報部は

「制作の詳細はお答えしておりません」

「一般的に予算は番組の内容や長さにより様々ございます」

というふうに答えたとのこと。

フライデーはフジテレビに対して「地上波のいい“未来”はなかなか見えてこない」と皮肉めいたコメントで締めくくった。

【出典はこちら】

パウラの感想

あっ、他の業界に対しては大企業が下請けへの支払いの削減をすると「下請けいじめ」とか抜かして叩くくせして、

自分たちが外注するときはそれ以上に酷い下請けいじめをしてやがるとかロジハラはやめておきましょう。

フジテレビ様は令和の王様なのです!

それではここからパウラの感想ですが、

まったく、世間が思っている通り、本当に週刊誌っていうのはクソですね!

これだと令和の王様にして勝ち組の集まりであるフジテレビ様が、タレントだけでなく手下の番組制作会社にすら見捨てられたオワコンの負け組のような言い方じゃないですか!

クソみたいな記事しか書かない週刊誌のクソっぷりに、パウラ、クソです!

安心してください、フジテレビ様、

パウラはフジテレビ様の味方です!

パウラはこのフライデーの記事なんか一切信じていません!

あの天下のフジテレビ様が、たった200万円なんてケチな予算しか出さないで下請け会社の番組を買いたたくだなんて、

そんなことは嘘だってわかっていますから!

令和の王様で勝ち組の集まりであるフジテレビ様がそんな下請けいじめな行為をするはずがありません。

そもそも論として、このフライデーのネット記事は、まるであのフジテレビ様が下請けに番組の企画を募集しないと深夜番組一つ作れないかのような書き方をしている時点でこの記事は嘘です!

これが本当だったら、フジテレビ様のような局員が上から下まで勝ち組の集まりの勝ち組集団が、

まるで外部の制作会社におんぶにだっこて頼らないと、深夜番組一つすら満足に作れないようじゃないですか!

そんなはずないので、これは嘘に決まっているんです!

フジテレビ様は「令和のいいとも」であるあの「ぽかぽか」を生み出したテレビ局様ですよ!

あれだけ斬新な令和のフジテレビを代表する番組を作れる勝ち組のフジテレビ様が、

たかだか深夜番組一つまともに作れないなんてありえません!

なのでこのフライデーの記事は全部嘘です!

まったく、週刊誌のクソみたいな記事に腹が立ちすぎて、

フジテレビ様を愛するパウラ、悔しくて泣けてきて股間の割れ目の全パウラのお腹がよじれてしまいました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事