フジテレビ「27時間テレビ開催します!!」→ネット民からも「末期状態」を見抜かれ勝てる要素がどこにも見当たらないwwwwww【フジテレビ 27時間テレビ】

今回の話題

フジテレビは7月20日から21日にかけてFNS27時間テレビの放送を決定。

メインテーマを「日本一たのしい学園祭」とし、今年も昨年同様バラエティ色の強い内容になる模様。

しかし視聴者サイドからの関心は薄く、制作予算も厳しくて現場は悲鳴を上げ、

さらに視聴率で歴代ワースト2位だった去年と同じコンセプトの番組内容になることを考えると、

昨年以上に苦境のフジテレビは、今年の27時間テレビで歴代ワースト1位の視聴率を記録してしまう可能性も捨てきれない。

フジテレビのホームページの情報によると、今年の27時間テレビの総合MCはお笑いコンビの霜降り明星とチョコレートプラネット、そしてお笑いトリオのハナコの合計7人とのこと。

また放送の通し企画として「100kmサバイバルマラソン」開催を決定しており、メンバーの多くが芸人を占めている。

そして27時間テレビの制作は、現在のフジテレビ社長の古巣である「フジテレビ バラエティ制作センター」。

つまり今年も昨年の「鬼笑い祭り」と同じコンセプトで、芸人だらけのバラエティ系の27時間テレビとなる。

しかしそうなると気になるのが視聴率がどうなるか。

現在のフジテレビを取り巻く「苦境」を考えると、下手をすれば今年の27時間テレビは歴代ワースト1位の視聴率を取ってしまう可能性がある。

昨年の27時間テレビを振り返ると、2023年の27時間テレビはフジテレビが渾身の力で頑張った割には視聴率では歴代ワースト2位という事態に陥った。

フジテレビはコロナなどの影響で27時間テレビの放送を自粛していたが2023年に4年ぶりに復活させた。

制作は1年がかりで準備し、フジテレビのバラエティ番組制作スタッフが全員参加するという初の試みで制作・放送が行われたという。

また2023年は、バラエティ畑出身の港浩一社長のもと「バラエティのフジテレビ復権」を掲げていたことから、27時間テレビもバラエティを前面に押し出した内容となった。

その結果、2023年の27時間テレビの平均世帯視聴率は6.5%で、これは歴代放送の中でワースト2位の記録だった。

フジテレビサイドは2023年の27時間テレビを「全時間帯で視聴率横並びトップ」「コア層では他局を圧倒」などと大成功をアピールしたものの、実際には順調に視聴率が落ちている有様。

さらに2024年に入ってフジテレビは世帯視聴率でテレビ東京に敗北しとうとう民放最下位のテレビ局にまでなってしまった。

そして去年にはなかったフジテレビの新しい問題が、厳しいお金事情。

FRIDAYの取材に応じた制作会社関係者によれば、フジテレビは昨年の秋に全番組で制作費を、なんと30%もカットしたとのこと。

過去にパウラちゃんねるが取り上げた通りで、ここ最近「フジテレビは製作費を大幅にカットしている」という話題が度々飛び出している。

制作会社が「仕事を受けたら赤字になる」という理由で番組制作を断ったなんていう話もあるほど、フジテレビは予算のカットをしている様子が見られる。

FRIDAYの取材に応じた制作会社関係者は今年の24時間テレビの放送について「勘弁してほしいというのが現場のホンネです」と語っている。

実際に番組を作る現場のモチベーションがダダ下がりだとしたら、それが番組のクオリティに影響が出ないはずがない。

そして実際ネット民の評判もあまりよくなく、27時間テレビについて報じているネット記事のヤフコメ欄では、放送前から既にダメ出しの嵐。

しかも番組の良し悪しではなく、フジテレビの内情を考察するようなコメントまで投稿され――、

申し訳ないけど、メインを張るのが既にテレビ低迷期以降に出てきてる人たちだから画に華がないし、作り手側が思っている程の知名度もない。

安易な長距離走に意味がないのは言わずもがな。

おそらく作り手側も「求められていないのは分かっていながらこういう作り方しか出来ない」という深刻なジレンマ状態なのでは?

その時点で完全に末期症状だろう。

面白い番組に大事なのは本当は予算じゃなくてアイディアと工夫なんだけど、こんな学歴偏重社会じゃクリエイティブな若手も育ってこないんだろな…。

https://news.yahoo.co.jp/articles/57734fb7b695293cdf11630ed1d195d7f6a01b98/comments

という感じで、もはや番組内容ではなく、テレビ局の内情について考察する人まで現れてしまう状況。

こうしたおびただしい不安要素がてんこ盛りの中、フジテレビの「日本一たのしい学園祭」は7月20日から放送スタートです!

パウラの感想

以上、日本一たのしい学園祭こと27時間テレビ2024の宣伝をさせていただきました。

このお話につきまして、お兄様とお姉様はどう思いましたでしょうか?

それではここからパウラの感想ですが、

フジテレビ、パウラはとっても嬉しいぜ!

もちろんお前たちが今年も去年に引き続き、パウラが鬼笑いした2023年の27時間テレビと同じ内容でまたやらかしてくれることを決定したこともうれしいんだけどさ、

お前たちがとうとう自ら「日本一たのしい学園祭」とか抜かして、フジテレビの番組が学芸会レベルであることを自ら認めてくれたの、

お前たちの作る番組を脳みそフジってる学芸ビデオとして楽しみ続けたパウラ的には、とっても嬉しかったよ!

安心してください、フジテレビ様、

パウラはテレビ界隈から卑怯を学ぶ卑怯の概念として、長いものには巻かれる概念なので、

予算が少ないだの赤字だのと身の程をわきまえずに騒ぐ現場ではなく、勝ち組の集まりであるフジテレビ上層部の皆様の味方をします!

ぜひどれだけ現場が疲弊しようと、フジテレビ様は今の脳みそフジってる素晴らしい学園祭をやり遂げてください!

もちろん赤字は制作現場に押し付けてしまいましょう!

そしてパウラ的に最もうれしかったのは、

パウラが以前から言い続けている、「令和のテレビの楽しみ方」が、とうとう一般人にも広がりつつあることです。

さきほども紹介したコチラのコメントは、もはやテレビがどんな番組を作るかよりも、

テレビ局の内情をネットを介して眺めているほうが、よっぽどエンタメという事が分かっている人のコメントだと思います!

パウラが提唱する「令和のテレビの楽しみ方は、テレビ番組じゃなくてテレビ局の右往左往っぷりを楽しむもの」という考えがネットでも広まりつつあって、

テレビ界隈様を心の底から愛するパウラ、嬉しすぎて泣けてきて、股間の割れ目の全パウラが拍手喝采してしまいました。

フジテレビ様、今年の27時間テレビも頑張ってくださいね!

フジテレビ様の日本一たのしい学園祭を、パウラはハッピー謎液スマイルで応援しています!