キムタクより天海祐希が圧倒的過ぎるwテレ朝ドラマ「Believe-君にかける橋-」第4話の感想【パウラの感想 木村拓哉 びりーぶ】

今回はパウラがテレビ朝日渾身のキムタク推し活ドラマ「Believe」の第四話まで視聴したので、その感想をお伝えしたいと思います。

「Believe」第四話までのあらまし

大手ゼネコンの部長の役をしているキムタクは、自身が勤める会社で起きた建築現場での事故の責任を取るかたちで冤罪を被り、刑務所に送られた。

しかしキムタクは、看護師の仕事をする奥さん役の天海祐希が、ガンによって余命一年であることを知り、自身の冤罪を晴らすことを決意して脱獄。

キムタクは脱獄に成功し、天海祐希と接触。

天海祐希は「ガンというのは嘘」とキムタクに告げ、脱獄しても容疑が晴れるどころかさらに罪が重くなるからと自首を勧める。

キムタクは「あと一日だけ証拠を手に入れる猶予をくれ」と天海祐希を説得。

キムタクは警察から逃げ回りつつ、冤罪の証拠を入手すべく会社の部下を通じてなんとか手に入れようとする。

しかしそれもキムタクに冤罪をかけた会社側に妨害され、証拠を手にすることはできなかった。

キムタクは天海祐希の「ガンというのは嘘」が、それこそ自分を自首させるための方便だと見抜き、

天海祐希に対し「ちゃんと治療してほしい」と気遣いメールを送り、警察に出頭しようとする。

だがキムタクは突然、謎の男に拉致されてトラックに乗せられどこかへ連れ去られる。

パウラの感想

今回の第4話、第3話までと比べると、ドラマとしてとても見ごたえがあったと思います!

もちろんストーリーが良いからとかではありません。

ストーリーは最初からもうほぼ破綻してるので、そんなのはもう気にしても仕方がないです。

それではどうして今回は見ごたえがあったのかといいますと、

それはキムタクばっかりが目立っていた第3話までと違って

第4話ではキムタクの出番はほぼなく、天海祐希さんを始めとした実力派のキャストさんたちの迫真の演技を楽しめる内容となっていたからです!

知らない人のために説明しますと、このドラマはテレビ朝日開局65周年記念ドラマであり、

キムタクを主演に、その脇を主役級キャストたちが固めるという布陣となっています。

主役級キャストとして紹介されているのは、天海祐希、竹内涼真、山本舞香、一ノ瀬颯、上川隆也、斎藤工、小日向文世、北大路欣也ですね。

キムタクがキムタクのプロをする中、他の役者さんたちは役者のプロなわけです。

第3話までは「冤罪で刑務所にぶち込まれたキムタクが冤罪を晴らすべく脱獄する」という内容なので、キムタクにスポットが当てられていましたが、

第4話は「脱獄したキムタクを巡って主役級キャストたちが奔走する」という内容となっています。

今回キムタクが他のキャストと掛け合いをするのも奥さんの天海祐希と、冤罪の証拠を手に入れるため会社の部下に接触したときくらいでした。

したがってキムタクの画面占有率はかなり少なく、主役級キャストたちのすばらしい名演技を存分に楽しむことができるのです!

ちなみに「主役級キャスト」としてよく名前が上がる役者さん以外の人たちも、かなりいい演技していますからね。

なのでめっちゃ見ごたえありました!

これがTverで無料で見られるわけですから見て損はしないと思います。

そしてここからは余談ですが、

そんな主役級キャストたちの名演技を見ていて、パウラは一つの結論に至りました。

なぁテレ朝、お前らの開局65周年記念ドラマ「Believe」だけどさぁ、

これ、天海祐希さんを主演に据えて、病院を舞台にした感動系ドラマにした方がよっぽど面白いドラマになった説があると思うぞ?

正直第3話までを見ていた時からうっすら思ってたんだよね。

「あれ? 天海祐希さんが看護師として働いているパートのほうが、なんか見ごたえがある気がするぞ?」ってさ。

見てない人のために説明しますと、キムタクの奥さん役の天海祐希さんは、とある大学病院にて看護師のリーダーとして働いています。

そのためドラマの中で天海祐希さんが病院で働くパートがたびたび挟み込まれるのですが、

やっぱりプロの役者たちばっかりのパートなので、キムタクパートよりもずっと見ごたえがあるんですよね。

あとこの天海祐希さんの「病院パート」でも、天海祐希さんを中心とした病院内での人間模様を巡るストーリーがあり、

ガンを患っている天海祐希さんが、嫌味な院長にパワハラされつつも、看護師リーダーとして後輩のみんなや小さい女の子の患者のために健気に立ち向かう姿が映されてます。

ぶっちゃけて言うと、その病院の中で繰り広げられるストーリーの方がよっぽどドラマとして成立してるレベルです。

ぜひこれはTverでいいからドラマを見て確かめて欲しいと思いますね。

だからさあテレ朝、

せっかく開局65周年記念でドラマ作るなら、

天海祐希さんを主演にして、天海祐希演じる大病院の看護師リーダーが、がんを患い一年の余命のなか、

小さい女の子の命を救うため、懸命に医療現場で奔走する看護師たちの姿を描いた、医療系感動ドラマとかにした方が良かったんじゃないのか、アーン?

視聴率の事はパウラは知らないけど、ドラマ的には、よっぽどそっちの方が見ごたえあったと思うんだよね?

そうだよそれが良いよ!

テレビ朝日、とりあえず春はお前らだけじゃなく軒並み視聴率は悪いみたいだから、

もう今期は捨てて、これから天海祐希を主演に開局65周年記念第2弾のドラマ企画を立ててくれ!

とりあえず秋クールに放送すればクリスマスシーズンには間に合うからさ、

ぜひこの主役級キャストはそのままに、天海祐希を主演にした医療系感動ドラマを作ってくれること、

パウラはハッピー謎液スマイルで期待しているぜ!